1. わたしがSF休みにしたこと 
  2. 音楽
  3. 『Jefferson's Tree of Liberty』Jefferson Starship

2011年04月23日

『Jefferson's Tree of Liberty』Jefferson Starship

 ジェファーソン・スターシップアルバム "Jefferson's Tree of Liberty" 、ひさしぶりのスタジオアルバムということで、年齢的な衰えなど、期待と不安やや不安の方が大きかったのですが、いいじゃないの、これ。新加入のキャシー・リチャードソンのボーカルにも違和感ありません。
Jefferson's Tree of Liberty (Spkg)
Jefferson's Tree of Liberty (Spkg)

 トラディショナルや、60年代フォークからのカバーが多いですが、カバーアルバムにはかえって強くテーマ性があらわれるもの。アルバムタイトルがトマス・ジェファーソンの言葉から引用されるものであることからも分かるように、あの戦争が大きく影を落としている。

 その辺の意識は、1曲目の'Wasn't That A Time'にはっきりとあらわれている。



 ところで、この動画でバイオリン弾いてる人誰だろうと気になってたんだけど、Anne Harrisさんというのか。

 2曲目の 'Follow the Drinking Gourd' はとりわけ印象的で、調べてみると Drinking Gourd とは 「ひしゃく」のこと、このばあいは北斗七星を指します。奴隷制度が残存していた時期に、南部の黒人たちに「北斗七星の見える方角へ、つまり北部へ逃げて自由を手に入れよう」と訴えかける歌。


 黒人たちの逃亡を組織的に援助する「地下鉄道」Underground Railroadという組織があり、この運動の中から生まれてきた様子。ウィキには逃亡経路を記した「鉄道地図」の画像もありますが、赤いラインが書き込んであるだけの地図、この線の上を身を隠しながら移動していた人々、援助していた人々にまで想いが至るとちょっと感動的。

 さて、こういう曲はSF者としてはむりやりダブル・ミーニングで読んでしまうわけで、北斗七星の方角に向かい北部諸州あるいはカナダへ逃げなさいという正しい読み方の一方で、北斗七星そのものへ逃げろとね。むろん、ななつの星が同一平面上にあるわけじゃないですが。


 世界におとしめられ、打ちくだかれた存在が見上げる夜空、ふるさとへ、北斗七星そのものへ、帰る、歩いて、帰る…


 そういう無茶な読み方はすくなくともポール・カントナーのスターシップ構想からはギリギリ許していただきたい(苦笑)実際、フォークの安直なカバーではなく、スターシップが一回りしてトラディショナルなものを発見すると言う意味でアルバム全体を支えている力強い曲だと思う。

 他にもこのアルバムにはフィル・オクスのベトナム戦争期の反戦歌' I Ain't Marching Anymore' や、アイルランドの革命歌 'Rising of the Moon' サンディニスタ民族解放戦線を組織したカルロス・フォンセカを讃えた'Comandante Carlos Fonseca' などが収録されている。
  ポールは、ニカラグアに一時期滞在していたわけだが、街角ではきっとフォンセカの肖像画を見ていたのだろう。

 ほかにディランやジョン・レノンといった有名どころもおさえてありますが、ここでわざわざ触れる必要もないほどメジャーな人たちなので割愛。
 まぁ、こんなおどろおどろしい曲ばかりではなく、'Kisses Sweeter Than Wine' のような曲だって入ってるんですけどね。こういうテーマに偏った聞き方もまた必要だということで(苦笑)。個人的にはチャンバワンバ "English Rebel Songs 1381-1984"に続くヒットだ。

 ライナーを流し読みしてると、数年前このアルバムにつながるようなレコーディングの企画を立てていたときに、マーティ(今回不参加…)はバッファロー・スプリングフィールドの 'For What It’s Worth' を加えることを提案していたらしい。スケジュールの都合でバタバタしているうちにお流れになったようなのだ。これは、本当に残念、レコーディングされていたらマーティがメインボーカルだったのだろうか。復活させてほしい企画だ。あぁ。
web拍手 by FC2
posted by すける at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック