1. わたしがSF休みにしたこと 
  2. 映画・演劇・ドラマ
  3. 『ジミー、野を駆ける伝説』ケン・ローチ監督

2015年04月29日

『ジミー、野を駆ける伝説』ケン・ローチ監督

 下高井戸シネマで『天使の分け前』以来のケン・ローチ。



 アイルランド内戦のいちおうの終結の後、亡命先のアメリカから帰ってきたジミーは古い仲間たちとともに民衆によるホールの再建に着手する。しかし、それはカトリックの教会や保守層の反発をまねき、銃撃や放火という攻撃にまでさらされていくことになる。
 音楽やスポーツ、詩の朗読などがなぜそれほどまでに怒りを買うことになったのか。ジャズは悪魔の音楽だから?それならばそのような誤解はさすがにたいがい解消されたから過去のひとつのエピソードに過ぎないのか。
 そうではない、ホールがこのような攻撃の対象となった根拠は、労働者たちが自分自身で学習の場所を作り、管理し、維持していくという行為にあった。その意味で教会をはじめとするものたちが向けた憎悪は本質的なものであり、それゆえにいまでもジミーたちの困難は普遍的なものとして存在する、この日本でもだ。

 自分は学者ではないと語る主人公のジミー・グラルトンは、一貫した直接行動の人物で、芸術や娯楽の場であるホールを自主運営することも、小作農の借地権をめぐる闘争で直接地主の元へ押しかけるのも、同一平面上の思想に裏付けられている。こうした労働者階級の知性を主演のバリー・ウォードは好演しており、この作品に出るまでそれほど知られていなかったというのはちょっと信じられないほどだ。

 下高井戸シネマ年会員の招待券を使って見たので、パンフレットを買って還元。こうした映画が作られ、配給され、鑑賞されるということへの感謝もこめて。

ジミー、野を駆ける伝説 [DVD]


web拍手 by FC2
posted by すける at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。