1. わたしがSF休みにしたこと 
  2. 日記
  3. 玉川上水緑道散歩

2015年05月30日

玉川上水緑道散歩

 先日、京王線笹塚駅に降りる機会があった。これまであまり降りたことの無い駅で、用事さえ済ませれば時間は余っているということで駅周辺を散歩してみる。商店街なども興味深い作りで楽しんだけれど、雰囲気の良い水路と緑道があり、少しここを歩いてみるかということでそのまま気持ちよく隣の代田橋駅に着いてしまった。春ならば桜を求めてくる人も多かったのだろう。あらためて意識してみるとこれが玉川上水緑道ということで、玉川上水の名は知っていたけれど具体的にどのように走っているかについての知識はそれほどなく、思いがけぬところで得をした気分に。

 これだけ楽しいのだから他のルートも歩いてみようと調べてみる。散歩案内などのサイトをいくつか見てみて、武蔵野線新小平駅から歩いて小平グリーンロードで玉川上水に入り、そこから都心部へ下るというルートを選ぶ。これより水源側に行くのならもうちょっと準備が必要かなという判断。基本的に五日市街道が併走しているので飽きたり疲れたりしたらバスにでも乗ってリタイアすればいいなどと考えていつつも、途中、小金井公園近くの昭和風の喫茶店で休憩を入れたりしながら井の頭公園まで歩いてしまい、ここで吉祥寺に流れて二回目の散歩は終了した。イベントの終了を祝うように駅前の横断歩道にはリコーダーの妖精がいた。

 画像を撮る方ではないので、この記事でお見せできるようなものは特にないのが振り返ってみるとちよっと残念ではある。小平あたりはさすがに緑も鮮やかで古木も多く残っており、こういうところに住んでいれば呼吸器の負担が軽いだろうなぁとうらやましく。小金井は緑道の桜並木が江戸時代から名所として知られていたが、いちど樹齢や環境の問題から廃れており、近年復活に向けての動きが見られるようだ。(名勝小金井(サクラ)復活プロジェクト)。また三鷹に入ったあたりからは緑道としての印象がそれほど強くないところもあり、意識していないと気づかないようなところもあった。いずれにしても三百年以上前のインフラがいまに至るまで都市の景観に影響を与えている姿は興味深い。

 この二回ほどの散歩で歩いたルートは小平より下流であり、現在この水路を流れている水は下水処理をした中水と呼ばれるべきものだった。これは戦後、都心部の水を利根川から引くことになった変化から一度空濠となったものを、東京都が1986年に清流復活事業として流れを呼び戻したもので、この時わたしは中学生くらいのはずだが、まるで覚えていないのはもったいない。ともあれ、小平より上流、というルートもいずれ歩いてみたい。

 なお、のちに知ったことには最初に歩いた笹塚‐代田橋の区間は都心部では少ない開渠化されている区間であり、小坂克信『玉川上水と分水』によると住民の要望によるものだったそうで、なにが機縁になって物事に関心を持つかというのはほんの小さなことで左右されるのだなと改めて感じる。

最後に参考としてリンクを。
東京都水道局「玉川上水」
玉川上水散策地図

玉川上水と分水
玉川上水と分水
web拍手 by FC2
posted by すける at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック