1. わたしがSF休みにしたこと 
  2. 映画・演劇・ドラマ
  3. 『ピクニック at ハンギング・ロック』ピーター・ウィアー監督

2015年11月26日

『ピクニック at ハンギング・ロック』ピーター・ウィアー監督

 長年見たいと思いながら鑑賞の機会が無かった作品をやっと新文芸坐で。

ピクニック at ハンギング・ロック ディレクターズ・カット版 [DVD]

 この作品が一部の人々にに強い評価を与えていることは知識としてあり、その残照は筋肉少女帯のアルバム『猫のテブクロ』に収録された「最後の遠足」につながる「PICNIC AT FIRE MOUNTAIN」という小品のタイトルにも表れているだろう。

 そして少女たちの耽美的な映像が賞揚されることも多かったこの作品だけれども、大塚英志『人身御供論』の指摘するとおり、少女たちの通過儀礼と、様々な形での対応が描かれているという見方を取るならば、決して少女性を手放しに賛美している作品ではないと言える。
 冒頭でピクニックの舞台となる山の地質学的な性質への言及がなされるけれども、それは時間的な断層から異界との接点となっていることがそれとなくほのめかされている。それはピクニックの途中で時計が止まってしまうという別の形でもあらわれている。休憩する友人たちから離れた四人の少女たちはそのような岩山のさらに奥へ高みへと登っていくのだけれど、その過程で一人は逃げ帰り、二人は行方不明になり、一人は少女たちが山奥へ分け入るのを見かけた少年マイクルによって長い探索ののちに発見されて生還する。

 マイクルが生還した少女アーマを見つけるにあたって、自分のたどった道の枝にやぶったメモをさしはさみ、それを下僕のアルバートがあらためてたどって遭難しかけていた二人を発見するという構成になっている。これは魔術的な要素が強く、常識的な山狩りなどではなく、このような形でしか少女を救うことが出来なかったことをあらわしている。映画の序盤、アルバートが口をつけたワインを勧められた際に、ややためらって服で瓶の口をぬぐってから飲んで返し、再びアルバートが口をつけてから勧められて、今度はためらいを見せたあとに直接飲み干すというシーンがはさまれていることも重要で、こうした同志的儀礼が遂行されていなかったら、おそらくマイクルはアルバートに見つけてもらうことが出来なかったのではないかと思う。アルバートは主要登場人物中でおそらくもっとも地に足の着いた生活を送っている人物だ。

 こうした中で通過儀礼によって少女時代を越えていく者と、少女性の形式を守ろうとする寄宿舎とのきしみも明らかになってくる。浮世離れした少女性を担保する寄宿舎も授業料滞納という通俗的な理由からセイラを排除しようとするのだが、その寄宿舎も失踪事件を端に退学者が続出すると、資金繰りに苦しめられるという皮肉な状態に陥る。寄宿舎の閉鎖に伴い生徒たちはまた別の寄宿舎で少女性の延長を計ろうとする一方、生還したアーマだけはヨーロッパというオーストラリアにとっての外側の世界へと旅立つことが許される。

 こうした通過儀礼の先に行ってしまって帰ってこなかったミランダと、帰ってきて世界の中に自分の立ち位置を見つけるアーマという構図はヘルツォークで言えばアギーレとフィツカラルドに擬せられるべきものであり、このような形で一作品の中で儀礼への対応を描き分けたことにこの作品の眼目がある。
 この辺りのことは『人身御供論』で詳細に論じられているのでそちらもぜひ読んでほしい。さて、あらためて大槻ケンヂ、「PICNIC AT FIRE MOUNTAIN」から「最後の遠足」へ(詩集では「最後の遠足」として一本でまとまっている)。遠足で行方不明になった子供たちは何人か違う運命をたどりながら、最終的には全員が行方を断ってしまう。

「その時から 我校の遠足は/父兄同伴が義務となった」

 ここには通過儀礼の失敗から、通過儀礼そのものが骨抜きにされてしまい、困難になっている状況への洞察がほのめかされているように思われる。1990年の大槻ケンジ(思潮社版はこの表記)『リンウッドテラスの心霊フィルム』に付されたリーフレット、大塚英志「笛吹き男のいいわけについて」は大槻ケンヂの詩における通過儀礼の性格について述べている。そして、この小文はやがて94年の『人身御供論』の議論にもつながるものだと思っているのだ(『人身御供論』収録の文章は89年から91年にかけて『アーガマ』に連載されていたという)。この映画を見たことによって25年がかりでひとつの輪がつながった。

「うさんくさい人」という印象の強かった大塚英志に対する評価を改めたのは、彼がこの大槻の詩集の中から、特に「星の夜のボート」一篇を選んで論じていたのを読んでからだった。


人身御供論―通過儀礼としての殺人 (角川文庫)
人身御供論―通過儀礼としての殺人 (角川文庫)

猫のテブクロ
猫のテブクロ
web拍手 by FC2
posted by すける at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック