1. わたしがSF休みにしたこと 
  2. 映画・演劇・ドラマ
  3. 『カントク記 焼とりと映画と寿司屋の二階の青春』山本晋也

2016年04月28日

『カントク記 焼とりと映画と寿司屋の二階の青春』山本晋也

 新刊書店に出かけたものの目当ての本二冊は買えずふらふら棚をのぞいていたらたまたま目に止まった本を即座に購入。こちらはネットで張っている読書系のアンテナにはまるで引っかかっていなかったので、やはり現物を見て回れる場所があるのは重要だ。

カントク記 焼とりと映画と寿司屋の二階の青春
カントク記 焼とりと映画と寿司屋の二階の青春

 カントクと言えば最強伝説、であって最近の日刊ゲンダイの記事でも足立正生が語るエピソードなどは抜群に面白かった。
「ある日、応援団に呼び出され、同級生で応援団長だった山本晋也に“足立、学内で反安保運動をやってるのか?”と問い詰められた。すかさず“オレがやってるのは門の外だ”と答えたら、山本は“おまえら、情報は正確なものを出せ。この野郎!”って周りの応援団員をボカスカ殴るわけ。100人くらいに取り囲まれていたからね。当時の日大は応援団と運動部が支配する右翼大学だっただろ、返答次第では命の危険もあった。つまり、山本はオレの命の恩人なんだよ」(http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/175361/2
 もう、とにかく素材が最高としか言いようがない、足立正生と日大応援団の一触即発の状況をひとりで持ってっちゃうんだから。

 そんなこんなでちょうどいいタイミングで出版された本書にもカントクの足立正生と若松プロとのちょっとした関わりや、応援団の話がチラリと書かれていてもうすっかり嬉しくなってしまうのだ。まあ、ケンカの話は分量としては多くはないのだが、水道橋博士の悪童日記でも触れられている「パッチギ」を荒木一郎にかましたエピソードで充分おつりがくるだろう。

 第二章から第三章は赤塚不二夫との出会いから「面白グループ」への参加、そして当時は無名、今から見れば超豪華キャストという伝説の『下落合焼とりムービー』(1979年)の話へと展開されるのだけれど、この映画の完成後にグループはなんとなく自然消滅してしまう。「『下落合焼とりムービー』は、そんなオレたちのちょっと先延ばしにしていた青春の終わりであり、永遠に続くかと思っていたバカ騒ぎの終焉だったのかもしれない」という言葉には、誰もが感じたことがあるだろう切なさがある。
 とはいえ、青春のエキストライニングスは『下落合焼とりムービー』からも伸びている。この映画に関わった人物として和光大学映研の土方鉄人の名前が挙がるのも非常に興味深い。すでに『特攻任侠自衛隊』(1977年)という怪作を自主制作していた土方は、この後80年に『戦争の犬たち』という作品を撮ることになる。これは日大映研の石井聰亙『高校大パニック』(1976年自主制作版)から80年の『狂い咲きサンダーロード』に併走する時代の感覚であり(両作品に土方も関わっている)、新しい映画の傾向を先駆けるものだったはずだ。

 第四章では『トゥナイト』のリポーター時代の話で、わたしがリアルタイムで知っているのはこの時代からということになる、というか「カントクって以前は本当に映画撮ってたらしいね」というくらいの認識だったんだよなぁ。風俗の女の子の取材で部屋に三島や太宰、川端の文庫本を見つけ、天丼を食べたのが一番嬉しかった、という人生に思いをはせるのがエンディングに相応しいだろう。助監督を務めた滝田洋二郎や『宝島』の編集者平哲郎、所ジョージ、美保純との対談も入って、なかなか読みごたえのある一冊だ。

下落合焼とりムービー [DVD]
下落合焼とりムービー [DVD]

web拍手 by FC2
posted by すける at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック