1. わたしがSF休みにしたこと 
  2. マンガ
  3. 『愛ちゃんを捜して』『ももちゃん がっちゃん』樹村みのり

2016年05月31日

『愛ちゃんを捜して』『ももちゃん がっちゃん』樹村みのり

 浦和の日本茶喫茶・ギャラリー『楽風』で開かれた、樹村みのりさんの「うちの猫は世界一展」に行ってきましたよ。樹村さんのアシスタントをつとめた佐々木淳子さんや夢野一子さんたちも参加して、テーマは猫。となればファンの人は樹村さんの猫マンガを集めた『愛ちゃんを捜して』を思い出すでしょうが、そちらに収録されたマンガではタイミングによりあまり描かれていなかった桃子やがちゃこをあつかったマンガをおさめた『ももちゃん がっちゃん』が同人誌として刊行されており、現時点ではイベント会場でしか買えないというのだからもちろん即買いです。


DSC_0014.JPG

DSC_0018~2.jpg

 さらにミニ原画の販売もあり、とりあえず桃子を買ったのですが初回の訪問では品切れだった乃己子も最終日に二回目の訪問は午前中の訪問でゲット。マンガは猫もののほかにもソノラマで文庫化されていた『菜の花畑のむこうとこちら』と『カッコーの娘たち』も置いてありましたが、最終日には並んでいなかったので売り切れてしまったようです。他の人のレポートを見ると早い日では『冬の蕾』もあったようです。これは現在版元では切らしているようなので、会場にいた樹村さんに増刷されるべき本ですなどと伝えてしまうという。万一のためにと持ち込んでいた『愛ちゃんを捜して』にもサインをしてもらったりあつかましいファンですいません。
DSC_0021~2.jpg


 販売物ではなかったのですが、ジョニ・ミッチェルの肖像なども飾られており、あー、これも欲しいなぁと物欲が。それにしても、樹村さんから直接愛ちゃんや心太の思い出を聞けるとかめちゃくちゃ貴重な経験も出来てしまいました。

 新刊マンガは、まずは桃子。最初の飼い猫である乃己子とその子供たちというコミュニティがすでに形成されているところへ、あとから拾われて樹村さんの家に来た桃子の距離感が悲しいのだけれど、やがて馴染んでいく過程にホッとしてしまう。『愛ちゃんを捜して』では乃己子たちが亡くなったあとに、やってきたがちゃこはすでに大人になり性格が確立していて一対一の関係でもやはり距離感の構築が難しかったようだけれどもやがて、ということで猫との相互理解は大変なのだ。
 そして、一番印象深かったのは外猫だったクロを描いた「クロはいないよ」でした。庭にえさを食べに来るけれど警戒心は解かず、一定以上の距離を近づかせないことが、マンガの中でクロが丸い記号的な線で描かれることの根拠になっていたのだけれど、やがて年老い逃げる体力もなくなってしまったときに初めて樹村さんが抱き上げ、その瞬間にクロの具体的な像が目の前に開かれるという表現のアクセントを味わえます。

 二冊の猫マンガともに、どうしてもさまざまな猫との別れという題材は出てくるのですが、悲しみとともに再生もあるという温かさにあふれています。『ももちゃん がっちゃん』はとりあえずイベントでの販売は終わりましたが、通販での扱いなどまとまらないかなと思いますね。そして、ぜひこのようなイベントをまた開いてほしいものです。

愛ちゃんを捜して
愛ちゃんを捜して

 
タグ:樹村みのり
web拍手 by FC2
posted by すける at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック