1. わたしがSF休みにしたこと 
  2. 読書
  3. 『センター18』 ウィリアム・ピーター・ブラッティ

2016年06月11日

『センター18』 ウィリアム・ピーター・ブラッティ

 ついにブラッティ〈信仰の神秘〉三部作の第二作'The Ninth Configuration’の邦訳が刊行。『エクソシスト』と『エクソシスト3』の原作である'Legion’に比べると、紹介されている限りでは題材が地味に思われたため翻訳は難しいのではないかと思っていただけに嬉しい誤算だった。

センター18
センター18

 読む前の予想では『エクソシスト』を補完するか、逆に一部『エクソシスト』をひっくり返す議論になっているのではないかと思っていたのだけれど、超自然的な現象は表面上では起こっていないにしても、これはやはり『エクソシスト』とテーマを補い合う作品だった。
 『エクソシスト』が信仰と人文科学的な懐疑主義とのあいだの緊張を描いていたとするならば、『センター18』が向かい合っているのはエントロピーやビッグバンを基にした宇宙論とアポロが月に降り立つ状況だ。これは『エクソシスト』のホームパーティの場面で、招待されたアポロ計画の宇宙飛行士に悪魔に憑かれた少女リーガンが「宇宙に行けば死ぬぞ」という悪態をつく場面から直接落ちてきている。センター18に収容されている元宇宙飛行士のカットショーは、終盤に月で一人きりで死ぬことになったならばという孤独への恐怖を打ち明ける。そのことへの答もまた本書を『エクソシスト』と貫くものになっているのだ。

『エクソシスト』でも本書でも(自己)犠牲には非常に大きな意味が与えられており、途中までの議論の筋道にはおおむね賛同できるとして、最後の飛躍は無神論者には承服しかねるところもあるのだけれど、まさにそれゆえにわたしにとってブラッティは強い緊張感を感じることができる作家になっている。ここまで来たからには是非'Legion’も訳してほしいものだ。

最後に本書を原作とした映画『トゥインクル・トゥインクル・キラー・カーン』への伊藤計劃氏のブログの記事へリンクを張っておこう(http://d.hatena.ne.jp/Projectitoh/20051118/p2)。本書のオリジナルとなった作品に'Twinkle, Twinkle, "Killer" Kane'があり、それを改稿したものが本書'The Ninth Configuration’、このタイトルで映画化もされたのだが'Twinkle, Twinkle, "Killer" Kane'名義で公開されたこともあるようで邦題ではこちらが生き残った上で、ややミスリードを狙ったかのように固有名詞が本来のケインではなくカーンになっている。今となってはちょっとどうかと思うけれど。なお、現在アマゾンで見られる本国版のジャケットは、作品本来のテーマを直接反映したようなものになっているので一見の価値があるだろう。

The Ninth Configuration

トゥインクル・トゥインクル・キラー・カーン [DVD]
トゥインクル・トゥインクル・キラー・カーン [DVD]

エクソシスト (創元推理文庫)
エクソシスト (創元推理文庫)
タグ:ブラッティ
web拍手 by FC2
posted by すける at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック