1. わたしがSF休みにしたこと 
  2. SF
  3. 『ハイ・ライズ』J・G・バラード

2016年07月17日

『ハイ・ライズ』J・G・バラード

 自給自足すら可能な(巨大なシステムに繋がれているということが前提だけれど)四十階建てのタワーマンション内で暮らす、まずは中流以上の階層の人々の間で繰り広げられる「階間闘争」を描くテクノロジー三部作の一冊。八月公開の映画『ハイ・ライズ』に合わせて、以前早川から出ていた作品の創元からの復刊。訳は新訳ではなく、若干手直ししたものだという。なおあいだのナカグロは早川版ではハイフンだったことに注意を。

ハイ・ライズ (創元SF文庫)
ハイ・ライズ (創元SF文庫)

 このような題材ではついついいかめしく現代社会の病理について云々してみたくもなるけれど、タワーマンションに住む人々の階層間の意識については、「タワーマンションの低層階に住むとかぁ」という島崎某氏の発言とか、高層階かから降りてくるエレベーターは、止めずに見送るローカルマナーとか、こんな序列を内面化せんとあかんのかという日常的にげんなりするレベルで起こっているもののようだ。本書でもエレベーターの使用や管理をめぐる闘争はひとつの焦点だったことは面白い。

 渡邊利道氏は解説で各階層を代表する視点人物について「キャラクター付けがそれぞれきわめて明快で、いささか図式的すぎるくらい」と評しているとおり、上層階の人物ロイヤル(Royal)と下層階の人物(Wilder)ワイルダーの姓は、彼らのマンションにおける位置づけをはっきりとあらわしている。もちろん自覚的に提示された図式というものは欠点ではない。とりわけロイヤルの建築家という職業は、空間を構築する意志の形象化として注目されるだろう。こうした二人の対決が物語を動かしていくが、この対立が結末までを支配できるのかというのは読んでのお楽しみである。

 高級タワーマンションの住人たちが抗争の過程でやたら小便をぶちまけたり壁を汚物まみれにしたりするシーンも目立つのだけれど、あれはマーキングなのだろう。本書では臭いに関する描写も多い。テクノロジーの支配する空間で原始的なレベルのなわばりのしるしづけが横行するという逆転がそこには示される。
 マンションがいまだ空の人造湖に面しているのも何重にも象徴的で、『燃える世界』では水とは時間の隠喩だったわけだが、ここでもそれは干上がっており、しかもそれは人工的に用意されたものであるにもかかわらず、なのだ。

 高層建築物(『狂風世界』)や荒廃した世界の動物園(『燃える世界』)といった初期作品の要素と、飽和した消費社会の上層階級による暴力の行使という『殺す』を先駆とする後期作品のモチーフをつなぐこの作品はバラードの中期作品として見通しがよく、他の長編群を読むたびにあらためて参照されることになるはずだ。ということでこれでテクノロジー三部作を全部読めた。『クラッシュ』と『ハイ・ライズ』は創元の復刊からなので、ほんと創元さまさまである。

ハイ・ライズ[DVD]
ハイ・ライズ[DVD]
タグ:バラード
web拍手 by FC2
posted by すける at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック