1. わたしがSF休みにしたこと 
  2. SF
  3. 『カムパネルラ』山田正紀

2016年11月17日

『カムパネルラ』山田正紀

『銀河鉄道の夜』が改稿によってバージョンに大きく違いがあることは知識としてあったが、本書ではその不安定さをめぐって闘争が行われている。巻頭の宮沢賢治についての注釈はよく読んでおこう。自分がいる世界と主人公の世界との関りが見えてくるはずだ。

カムパネルラ (創元日本SF叢書)
カムパネルラ (創元日本SF叢書)

 本書は直接的には『銀河鉄道の夜』をめぐる謎を扱っているものだけれど、「マッカーサーを射った男」あたりを起点にしつつ『ミステリ・オペラ』に至る、山田正紀歴史修正(への抵抗)ものの系譜としても読める。やはり最近の呪師霊太郎の短編集である『屍人の時代』に歴史修正主義的な欲望と対峙することを期待していたのだが、それはむしろこちらの方で叶えられたかもしれない。また連載時の構想では黙忌一郎ものとなる構想があったようだけれども、たしかにこの作品には『ファイナル・オペラ』とも共振しているところがあるように思える。ともあれスターシステムを使わずとも主題的な形で世界が折り重なることができるのが山田正紀の強さであるのはここのところとりわけ感じることができるのだ。

 語りにも仕掛けとなっている部分があり、主人公である「ぼく」とジョバンニの関係はあいまいながらも一応は等号で結ばれ、物語は「ぼく」の一人称で続くのだが、ある時点でジョバンニは三人称視点から「ジョバンニ」として描写されることになる。おそらく264ぺーじあたりに起点があり、269ページではっきりと確認できるように書いてある。この仕掛けを通じて逆襲はなされるので、この変化には気づいておきたいところだ。

 帯ではジョバンニがカムパネルラを殺したことを疑わせるようなセリフがややセンセーショナルに示されている。この疑いが本書の中でどのように扱われるかは直接読んで確かめてほしいが、これは、別役実が「ジョバンニがザネリを川に突き落とした」ことがあってしかるべき事件だった(が無かった)と述べていることと合わせて読めばより豊穣になるはずのことだろう。別役説を取ればジョバンニは間接的にカムパネルラを殺し、カムパネルラはザネリを溺死から救うことで間接的にジョバンニを殺人の罪から救っている。考えてみれば星の授業のシーン、ジョバンニが教師の質問に答えられない状況を見て、カムパネルラも特に説明もせず彼には答えられるはずの答えを黙っているところから、カムパネルラが示す救援のありかたは解釈が必要な迂遠な回路を通っている。彼の救い方とはそういうものなのだ。そして杉井ギサブロー・別役実版の映画では授業の場面でのカムパネルラのふるまいに解釈を示すのはザネリである。そのうえで、カムパネルラとは誰なのかという問いがあらためて立ち上がってくるのだ。



 ラストはダクトの中を潜り抜けるという初期作品から山田作品に反復されるイメージを経由して、閉塞した空間からのわずかな抵抗が啓かれる。その試みは成功したのだろうか。読後、書棚から『銀河鉄道の夜』を取り出し、この形で自分の手元にあることの意味を感じたくなるはずだ。

銀河鉄道の夜 他十四篇 (岩波文庫 緑76-3)
銀河鉄道の夜 他十四篇 (岩波文庫 緑76-3)

イーハトーボゆき軽便鉄道 (白水uブックス)
イーハトーボゆき軽便鉄道 (白水uブックス)

ファイナル・オペラ (ミステリ・ワールド)
ファイナル・オペラ (ミステリ・ワールド)

屍人の時代 (ハルキ文庫 や 2-29)
屍人の時代 (ハルキ文庫 や 2-29)

銀河鉄道の夜 [DVD]
銀河鉄道の夜 [DVD]
web拍手 by FC2
posted by すける at 14:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック