1. わたしがSF休みにしたこと 
  2. 音楽
  3. 『馬場こずえの深夜営業』から『オーディナリーミュージック』へ

2016年12月21日

『馬場こずえの深夜営業』から『オーディナリーミュージック』へ

 カジヒデキと曽我部恵一がDJを選んで一時間まかせる、土・日曜深夜4時〜5時のTBSラジオの音楽番組『オーディナリーミュージック』12月18日分の放送は小西康陽が担当だったのだけれど、30分くらいのトークで『馬場こずえの深夜営業』にちょっと触れていて、この番組については去年の「SOUND AVENUE 905」をやっていた時にもフリーペーパーで言及してたんだよね。「深夜営業」の放送時間は土曜深夜の3時〜5時で、番組のBGMも流用しながら。なるほどこれはここの選曲だけではなく、番組公式のツイッターアカウントがリアルタイムで聴いてほしいという意味があるわけだと。

CaShFGVUsAAF6ra.jpg





『SOUND AVENUE 905』は「905」というタイトルからもワイドFM化を意識した音楽番組という印象が強かったんだけれど、佐野元春や小西康陽といったDJが記事で言及していたのは林美雄や糸居五郎、馬場こずえとかのAM深夜放送型DJだったことが興味深かった。その意味では、今回の『オーディナリーミュージック』は、小西康陽が去年語っていたことを、本来的な時間帯の中で実現した回だったと言えるかもしれない。

 わたしの方は小西の発言で「深夜営業」という番組を初めて知ったのだけれど、ファンの方がまとめた情報などを見るとけっこういい選曲をしている。「深夜営業」は歌謡曲路線の『歌うヘッドライト』にゆずる形で終了した『パックインミュージック二部』が終了した後の、たった一人の延長戦のようなものだったらしい。リスナーがまとめたプレイリスト見ると、パック二部最終回とかニール・ヤングのぶち込み方がすごいことになっている。深夜放送DJの路線としては林美雄の方向性だろう。

 それにしても『馬場こずえの深夜営業』って最近までまったく知らなくて、まあ75-78年の放送だったらしくさすがに小学生にもなっていないのではリアルタイムでも聞きようがないけど、『パックインミュージック』なら名前くらいはラジオを聴きはじめてすぐに知ることになるので帯の力は大きい。そういう意味では多分わたし以降の世代には知識としてあまり伝わってないんだけど、聞いてる人それぞれには直接に大きな影響を与えていたんだろうというDJや番組が、時代をはさんでふと立ち上がってくる時間でした。人から人に伝わったものが、また人を介して伝わってくる。歴史があるのはいいものだと。

















1974年のサマークリスマス 林美雄とパックインミュージックの時代
1974年のサマークリスマス 林美雄とパックインミュージックの時代

パック・イン・ミュージック 昭和が生んだラジオ深夜放送革命
パック・イン・ミュージック 昭和が生んだラジオ深夜放送革命

もう一つの別の広場―深夜放送にみる青春群像 (1969年)
もう一つの別の広場―深夜放送にみる青春群像 (1969年)
タグ:ラジオ
web拍手 by FC2
posted by すける at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック