1. わたしがSF休みにしたこと 
  2. 映画・演劇・ドラマ
  3. 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』ギャレス・エドワーズ監督

2017年01月06日

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』ギャレス・エドワーズ監督

 本編である『スター・ウォーズ』シリーズはこれまで一作も見たことがなかったのですが、スピンオフの位置づけであるという本作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』については、ツイッターのTL上に流れてくるいくつかの言及を読んでみて、これならわたしにも見ることができるのではないかと思うにいたり、年末に劇場に足を運びました。



 結果は正解。最低限の知識として劇場版第一作である『エピソード4/新たなる希望』は見ておくべきという話も事前に聞きましたが、これをスルーしてもなんとかなりました。

 予告編を見ていた時点でカメラワークがおそらくはスター・ウォーズ本編とは性格が違うものだろうということは予測がついたのですが、カメラワークが違うということは、作品全体を貫く論理が違うものだということで、戦争映画に近いカメラワークは、英雄的なキャラクターとしての特権を持っていない、死にやすい身体をもった普通の戦士たちが担った闘いを描いた『ローグ・ワン』の物語としっかりと対応するものだったと言えるでしょう。

 こうした差異は、スター・ウォーズの根幹をなすフォースの作品内での扱いにも関わることで、ジェダイの騎士の存在しない、フォースの顕現しない本作においてこそ、結局のところ物理的な現象に還元されるような便利な超能力、ではなく、ドニー・イェン演ずるチアルートが提示したような、信仰の物質的な基盤が失われた場所において信仰するという、そうしたフォースというものがスター・ウォーズ世界での凡夫にとってどのような意味を持つのかということが初めて問われたのではないでしょうか。わたしが『ローグ・ワン』ならば見れるかもしれないと推測したのはこのような機微があったからでした。
 単体で動かせばややファナティックに見えかねないチアルートの横に懐疑的な姿勢を保つ友人ベイズ(チアン・ウェン)を配したことも、セオリー通りに効果的で、チアルートのフォース信仰はベイズによって常にチェックを受けつつ、最終的にベイズをも動かしていくという形で、より多層的に描かれていきます。

 最終決戦に挑むローグ・ワンチームでは個人の名前も初見では分からないままの成員もいましたが、それでも彼らについてのキャシアン・アンドーの言葉から、輝かしい反乱の指導者たちの影で、大義を支えに汚れ仕事を引き受けてきた経緯と、それゆえに上層部が大義を捨てようとするときにももっとも汚い仕事に手を染めてきた彼らこそが降伏を肯んじえないという「三軍も師を奪うべきなり 匹夫も志を奪うべからざるなり」という姿が見えてきます。
 登場人物についての描写不足は言及されるようですが、基本的にはこのように過去を推測するセリフがはさまれていて、おおむね想像の余地があるように描かれています。やや残念なところとして、登場人物同士の繋がりがありそうな部分は直接言及されるようなシーンがあってもよかったのではというところは実際あり、特にリズ・アーメッド演じる脱走パイロットのボーディーについては、帝国を離脱するに至る前に、主人公ジン・アーソの父である科学者ゲイレンとどのように接触していたのかというあたりの経緯はもうちょっと見てみたいところでした。ただそれも全編の価値を損なうことのないわずかな瑕疵に過ぎません。
 この作品が『新たなる希望』のわずかな時間の前で終わっている外伝的作品ということは前提としても、たしかに一つの作品として『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は独立した価値を備えています。そして、ネット上ではこの作品に「続編」があることを知らない鑑賞者についての言及がときおり見られますが、それはまったくのあたらしい観客をより広大なスター・ウォーズの地平へ導くことの可能性であるのでしょう。そしてわたしは、ローグ・ワンのメンバーたちの成したことを引き継ぐべき「ルーク・スカイウォーカーとはどんな人物か」と聞きたいのです。
 あ、ジンを演じたフェリシティ・ジョーンズはじつにイギリスっぽい可愛さでしたね。


ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]


アート・オブ・ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
アート・オブ・ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
web拍手 by FC2
posted by すける at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック