1. わたしがSF休みにしたこと 
  2. 読書
  3. 『1974年のサマークリスマス 林美雄とパックインミュージックの時代』柳澤健

2017年01月30日

『1974年のサマークリスマス 林美雄とパックインミュージックの時代』柳澤健

 パックインミュージックには間に合わなかった世代なのだ。ラジオ聞くようになった小学校高学年のころにはすでに終わってた。ナチ・チャコは文化放送の夕方の番組で聞いていて、「この二人は深夜にTBSでやっていたんだ」と親に聞かされて、そうだったのかというくらい。わたしのころには深夜と言えばオールナイトニッポンが、絶頂期というと上の世代に怒られそうではあるが、二部に伊集院光があらわれたころである。ニッポン放送の圧勝という感じであり、TBSが互角に張っていた時期というのは感覚的にはピンと来なかった、そんな時期。
  しかしながら、先日馬場こずえについてちょっと調べたところから遡行する興味で、パックインのDJの中でも名前の挙がることの多い林美雄について読んでみた。

1974年のサマークリスマス 林美雄とパックインミュージックの時代

 冒頭の視点は林ではなくリスナーたち、そして彼らが林の『パックインミュージック』が終了することを知ることから始まる。最後のプログラムがあらかじめ明示されている構成である。入社後の描写では、まず若手アナウンサーが任されたという『朝のひととき』で、林が同期の宮内鎮雄を「お前の選曲には捨て曲がない」と批判したというくだりは面白い。その後人気DJとなる強烈な自負心がほの見える。林は入社前には池袋の喫茶店でDJのバイトをやっていたというのだが、そんなバイトが一喫茶店で成立するというのがなんというか余裕があった時代だという感じである。

 パックイン本体に関しては伝説レベルのデビュー直後のユーミン関連のエピソードが当然多く取り上げられてるんだけど、山崎ハコ登場時の話なんかもあって、そのときに「橋向こうの家」とかも歌ってるんだとか。ああ、それは聞きたい。

パックインがやはりメインなのでその後のことはサラッと触れられているだけだけど、林美雄が編成として関わった『スーパーギャング』で、月曜に起用した景山民夫には期待かけてたんではないかとわたしは推測していて、しかし特に立証できるような材料はないので直感でしかないのだけれど。
 ここで冒頭部分が聞ける『スーパーギャング』オープニング曲だった、景山の歌う「やつらを喋りたおせ」は、シャレの雰囲気をまとわせながらも、冒頭の「Speak out!」連呼になにがしかの深夜放送という、フリースピーチのメディア、カウンターカルチャーの残り香を感じてしまうのは、わたしの個人的な迷妄であってもいいのだが。林も景山も体を張った「闘争」には間に合わなかったり狭間にいた世代という引け目を引きずっていたという指摘はありうるのかもしれない。

 『パックインミュージック』は『オールナイトニッポン』に押され、ビートたけしにとどめを刺されたというのが一般的な結論になるのは妥当だろうが、林美雄に関しては本書にさらっと書いてある「サブカルチャーの水先案内人である以上、常に新しい若者文化を知っておかなければならない。林美雄は少女漫画やアニメーションを扱おうとしたが、最初から最後までうまくいかなかった」というあたりが後々のことも考えると大きいことでないだろうか。『パックインミュージック』において、これまで映画や音楽の方面でつねに新しい感性を発掘してきたが、キャリアの長くなりつつあった林と、新陳代謝で更新されてきた若いリスナーとの感性の齟齬がはじめて顕在化するのが『宇宙戦艦ヤマト』の劇場版であるというのは、いろいろ示唆的であり、カウンターカルチャー、サブカルチャー、オタクカルチャーという文脈のある断絶を身をもってあらわしているようだ。

 苦い話もあるのだが、深夜放送のDJを通じて様々な映画を知り、DJとリスナーとのつながりを越えてリスナー同士が「深夜映画を見る会」を作り、やがてリスナーの共同体が出来ていくさまはラジオの、深夜放送の「媒介」としての機能を見せてくれる。それはサマークリスマスなどのいくつかの祭りを経て緩やかにほどけていくのだが、それが通過儀礼を経るということのはずだ。深夜放送がこのような役割を果たせた時代にいた人たちのことを、少しうらやましく思う。そして、コミューンは決して消えたわけでもないようだよ。
荻大ノート

もう一つの別の広場―深夜放送にみる青春群像 (1969年)
もう一つの別の広場―深夜放送にみる青春群像 (1969年)
タグ:ラジオ
web拍手 by FC2
posted by すける at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック