1. わたしがSF休みにしたこと 
  2. 言葉を調べる
  3. 鎖骨と「古代中国」

2017年03月11日

鎖骨と「古代中国」

 まずは風野春樹氏のツイートから。




 某氏の
「Wikipediaで鎖骨について調べてたら、
『鎖骨』という名称は、古代中国で脱走を防ぐために囚人の体に穴を空けて鎖を通した場所がこの部位であったことに由来すると書いてあって恐れ戦いてる」
という内容のツイートに、風野氏が疑義を示したところから始まる。
 わたしも引っかかるところがあったので調べてみたが、たしかにWikipediaの「鎖骨」の項目にはそのような記述があるものの、「要出典」のタグが振られて、いままでそれに対応されていないのだ。
 それではと「鎖骨 古代中国」で検索するとけっこうヒットするものの、囚人由来とする記事は基本的にハンコのごとく「古代中国」で済ませていて、それ以上具体的な時代や王朝、典拠に当たれる内容が存在しない。それは、夏なのか、殷なのか、周なのか?誰が書いたなんという著作にその記述はあるのか?これらの記事は骨に関する専門的な知識、あるいは中国に関する専門的な知識の一部として示された知見とはとらえがたくどうにも典型的に「雑学」的な物言いという気がしないでもない。風野氏の調べによると中国のネット辞書『百度百科』に「奴隷の逃亡を防ぐため縄や鎖でつないだから」という由来が載っていて、日本でのこの説はここにたどり着くのではないかという気がするけれど、『百度百科』そのものでもやはり典拠が示されていない。

 検索を続ける。「骨」について学問的な立場から体系的に記述してあるHPでは、風野氏が指摘するように語源をClavis(鍵)としていて、これがclavicula(鎖骨)となり、『重訂解体新書』で杉田玄白の弟子である大槻玄澤が訳語として「鎖骨」を採用したとしている。なお当初の『解体新書』では漢方由来の欠盆骨表記であったという。
 東北大学整形外科教室
 船戸和弥のホームページ(慶應義塾大学医学部解剖学教室)

 現在日本で通用している言葉としての「鎖骨」は『重訂解体新書』由来のclaviculaの訳語であるとして間違いないだろう。ただし調べていく過程で、本家中国では宋代の宋慈による法医学書『洗冤集録』にまで「鎖骨」表記はさかのぼれるというのだ。これは中央研究院近代史研究所の張哲嘉氏の「『全体新論』と『解体新書』の漢字医学術語について」という文章によるものである。『洗冤集録』は1247年の著作であり、むろん『重訂解体新書』より圧倒的に早い時期のものだ。これはclaviculaの訳語ではないはずで、それではここでの「鎖」がどこから来たのかということが問題になる。
 とにかく四巻二十四章の「殺傷」に鎖骨についての記述がある。とはいえ、鎖骨という表現そのものについては特に説明がなく、鎖がどこから来たのかは本書から読み取ることは出来なかった。ある意味では「鎖骨」という言葉は説明不要で利用できる程度に宋代でも馴染みのあるものだったのだろうとも推測される。
『洗冤集録』を構成を変えつつ訳した『中国人の死体観察学 「洗冤集録」の世界』(雄山閣)に目を通してみて、第四章「骨の検屍」から「身体各部の名称」の節には鎖骨についての記述がある。ただしこれは原文では「髀骨」であり、訳で鎖骨とされているのだ。ここでは「欠盆」は鎖骨と肩胛骨のあいだにあるくぼみと表現されていることも見ておきたい。ラテン語から中国に入るというルートが可能ならば「重訂解体新書」と同じ起源と言えるので、楽なのだけれど、これも特定する情報が無いのでなんとも言いがたい。
 また引っかかるのは、宋代まで遡ることが出来るということは、逆に言うと、古代社会のエピソードを起源としながら、宋代まで、周の滅亡からとしても千四〜五百年のあいだ、鎖骨という言葉は使われていなかったのかという疑問が出てくる。

 ここで小川鼎三『医学用語の起り』を読む。「鎖骨と橈骨」という文章が収められており、ここで『重訂解体新書』での訳語の採用の話のほかに、明代の『外科啓玄』でも鎖骨という表記があったことなどを記したうえで、『大漢和辞典』において「鎖骨」が古くから中国にあった成語で「鎖のように相関連する骨」であると述べられていると書かれている。諸橋大漢和によると蘇軾が詩の中で「鎖骨」という表現をしており、これだと北宋期にはこの言葉があったという話になるのだが、これは医学上の用語と言っていいか。唐代の怪異を記した『宣室志』にも鎖骨という言葉は使われているが、これは「蔓のごとく連絡する」「菩薩が有する」とあり、人体の解剖学的な対象としての骨ではなく竜の鱗とか河童の皿とかそういう類のものと思われるので、今回の調べものの対象からは外すことにする。

 古代中国の囚人説を取りたいという場合には、確認可能な典拠を参照してからでも遅くないのではと考えます。


医学用語の起り (東書選書)
医学用語の起り (東書選書)

中国人の死体観察学―「洗冤集録」の世界
中国人の死体観察学―「洗冤集録」の世界

大漢和辞典 全15巻セット 別巻『語彙索引』付
大漢和辞典 全15巻セット 別巻『語彙索引』付
【言葉を調べるの最新記事】
web拍手 by FC2
posted by すける at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉を調べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック