1. わたしがSF休みにしたこと 
  2. 映画・演劇・ドラマ
  3. 『霊幻道士 こちらキョンシー退治局』

2017年07月17日

『霊幻道士 こちらキョンシー退治局』

 新宿・シネマカリテの「カリコレ2017」上映作品のうちの一本ということですが、タイトルから分かる通りに「霊幻道士」で「キョンシー」ですよ。なにがオリジナルかと言い出すと大変な話ですが(『鬼打鬼』でしょうか)、われわれ80年代の小学生にとっては『霊幻道士』(『殭屍先生』『Mr.Vampire』)であるわけで、そしてこの2017年の新作はまぎらわしいタイトルのいただきではないスピリットがあふれているわけですよ。だって、『霊幻道士』では林正英(ラム・チェンイン)の弟子を演じた錢小豪(チン・シウホウ)が今作では道士を演じるんですから。(http://yugen-rairai.com/reigen.html)




 というわけで、連日満席になっている本作を見てきました。もうねチン・シウホウのアクションがあるだけで多幸感が出まくりですよ。『霊幻道士』では腕は立つけど女に弱い軽薄さもある弟子だった彼が、本作では渋みもあれば過去を引きずる痛みも持つ師匠としてアクションを見せてくれるの、ほんとうにこういうのがみたかったんだよーと。以前彼主演でジュノ・マックって監督によるキョンシーものもあったんですが、どうも設定がメタっぽくそこは忌避してしまいました。アンソニー・チェンも出てて、キャストは最高だったのに。願わくば、古典的な道士の正装姿をとも思いますが、それはまたの機会に。

 キョンシー退治を執り行う「清掃局」の局長をつとめているのは『霊幻道士3』で道士を演じたリチャード・ンですが、実に矍鑠としたもので、これも嬉しくなってしまいました。予告でも切り抜かれている「少しくらいは英語も分かる」ってセリフがあったんだけど、これはギャグかな。香港だからそこそこの英語はというレベル超えて、彼、イギリス留学で演劇学んだインテリだもんなぁ。「清掃局」はひとつの部署としてお札書きとか武器造りとかある程度分業制になっていて、90分の映画の尺では必ずしも活かしきれたとは言えないけど、彼らにエピソード割り振れば、いくつか話はつくれそうで、この設定でTVシリーズ化しろという人がいるのも分かります。
 主演の青年、チョンティンを演じるベイビージョン・チョイは昭和の香港映画見てた人間からすると線が細くも見えますが、アクション映画で実績を積んでいて中堅に入りかかっていると言ってもいい俳優なのかな。ヒロインの女キョンシーを演じるリン・ミンチェン、キョンシー歩きをさせないためにセグウェイに乗らせるあたりの小技に笑いつつ、役柄が特異なので演技力とかは考えなくていいななどと思わせながらも、チョンティンとの出会いのシーンで唇を噛み切り彼の生命力を吸い出すシーンをラストに対応させて収束させるあたりの使い方はなかなか上手いものだと思いました。

 中盤に見せ場のアクションをひとつ入れてほしかったとか、ラストバトルはもう少し長く見せてほしかったとか、この辺「武術指導」的なポジションはいまどうなってるのかしらと注文はあるんですが、たしかにゴールデン・ハーベスト感のある香港映画を見れたことに比べればささいなことです。今年は『おじいちゃんはデブゴン』で石天さんを、本作でチン・シウホウを日本のスクリーンで見れたのでよい年です。うん、チン・シウホウの道士はもっと見たいなぁ。


霊幻道士 デジタル・リマスター版〈日本語吹替収録版〉 [DVD]
霊幻道士 デジタル・リマスター版〈日本語吹替収録版〉 [DVD]
web拍手 by FC2
posted by すける at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック