1. わたしがSF休みにしたこと 
  2. SF
  3. 『裏世界ピクニック』宮澤伊織

2017年09月06日

『裏世界ピクニック』宮澤伊織

TLにちらほら流れてくる話では都市伝説の『ストーカー』な連作短編集だという評判の作品を、すこし遅れて読む。

裏世界ピクニック ふたりの怪異探検ファイル (ハヤカワ文庫JA)

 扱われている都市伝説は、「くねくね」「八尺様」「きさらぎ駅」等で、基本的にネットの掲示板等で広まった話になっている。おそらく同一空間と想定される〈裏世界〉に存在するこれらの怪異に二人の少女のコンビがそれぞれの動機で立ち向かっていくという筋立てだ。なるほど〈裏世界〉は『ストーカー』における〈ゾーン〉であり、とりわけ第二話の「八尺様サバイバル」に登場する先行者の肋戸の行動はタルコフスキー版『ストーカー』の身振りを直接思い起こさせてくれるものである。危険極まりない「ピクニック」とはストルガツキー兄弟による原題である『路傍のピクニック』から参照されていることは明らかだ。また、そこでの探索での収穫物は、帰ってきた世界で換金することも出来るようになっている。

 少女二人については「眼の女の子」と「手の女の子」という、わたしのキャラクターについての雑な認識の仕方があきらかな紹介の仕方をしてしまうが。このことによって〈裏世界〉での役割分担が決まり、それゆえにお互いを必要とするという設定になっている。

 第四話「時間、空間、おっさん」は書き下ろしということで、連作を単行本にまとめるにあたって、作品世界のいまだ判然とはせぬ深層を少しだけ推測させる形になっている。恐怖は定式化できるものであり、であるならば操作可能なものであり、また人間において突出した感情である。ここで人間は、(ある意味では積極的に)「恐怖させられる」ことで、なにかを見つけてしまうのだ。定式化ということに着目するならば、構造の方が重要ということもあるはずで、そう考えれば都市伝説が同行異曲、あるいはバリエーションを多く生み出すことにも必然性があると言えるかもしれない。
 こうした恐怖の実体に近づくことは、恐怖を打ち砕くためには必要なことでありつつ、ある限界を超えれば恐怖そのものに取り込まれることになるので、これはSAN値概念やあるいは『恐怖新聞』などと言ってもいいか、ギリギリの綱渡りが要求されることになるだろう。

 いまだ少女の動機は解消されていないし、その間にも未解決になっているままの事件もあったりと、まだ物語は完結していない。すでに後続する短編も発表されており、ふたたび一冊にまとまることが楽しみなシリーズである。

ストーカー (ハヤカワ文庫 SF 504)
ストーカー (ハヤカワ文庫 SF 504)

ストーカー [DVD]
ストーカー [DVD]
web拍手 by FC2
posted by すける at 09:28 | Comment(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。