1. わたしがSF休みにしたこと 
  2. 映画・演劇・ドラマ
  3. 『新感染 ファイナル・エクスプレス』ヨン・サンホ監督

2017年09月22日

『新感染 ファイナル・エクスプレス』ヨン・サンホ監督

 日本公開まではずいぶんかかったゾンビ映画見てきました。邦題含め、日本でのプロモーションにはいろいろありますが、ここでは触れません。



 落ち着いた美人で妊婦役のチョン・ユミは類型的な「足手まとい」キャラを演じさせられるのかなという登場時の予想を裏切って、最初のパニックシーンからペットボトルと新聞紙を使う迅速な対応でゾンビの追撃を切る、というところで一つ感心。この辺りで映画を信用しました。
 走るゾンビには懐疑的な方だったのですが、これは納得。元気いっぱいに集団疾走してくるシーンには思わず笑いを誘われるところもありますが、驚かせ方はなかなかのものです。列車内での横移動と駅構内での立てに落ちてくるゾンビといった見せ方の工夫もよく考えてあります。

 ゾンビ映画の裏テーマでもある社会描写については、追い詰められた状況での人間同士の分裂や不信、足の引っ張り合いという非常に普遍性の高い描写とともに、韓国固有の情勢を反映したものだろうなというものもあり、これがエンタメを見る際の興味深いところです。列車が向かう方向として不可避的にソウルから釜山という目的地は決められているのですが、なんらかの緊急事態が発生した時、ほとんどの韓国国民にとっては南へと向かうことはほぼ避けられないところでしょう。この撤退の方向がもたらす緊迫感はとりわけ現地の観客にとって生々しさがあるはずです。そしてこれは作品内の描写からは離れる水準の事柄ですが、付け加えるならば、日本の観客にとっては釜山の先には日本があるなというところでもあります。

 また観客の怒りを一身に集める船舶、じゃなかったバス会社の常務は予備知識なしに見ても韓国の人が見れば想起せざるを得ないモデルがいると考えられますし、その推測はすでにいくつか出されていますが、それはとりあえず措き、モデルとなった韓国での具体的な事故/映画作品『新感染』内部での描写/普遍的な水準での利己主義批判といった層がひとつに織り込まれて表現としてあると見ることができます。

 こうした悪役によって体現された悪の形に隠れていますが、このゾンビ事件の背景には、コン・ユ演じるファンドマネージャーの主人公ソグのファンドマネージャーとしての没倫理的な業務が関わっていたことが終盤に明かされるというシーンも重要です。金融資本の走狗として振る舞うソグに対する庶民の反感をマ・ドンソク演じるサンファが明言しており、そうしたソグの「吸血鬼」性もやはり世界を滅ぼす手助けをしていたということが突きつけられるわけです。
 ソグは、日常描写の段階での「一般投資家?そんなもの気にしてる場合か」という業務上の台詞に示される人生観がパニック後も当然行動に反映されていて、そこが(母親から人格的な涵養を受けている)娘とぶつかったりするんだけど、この利己的な振る舞いをパニックの中のある明確な線で跳び越えたのか、グラデーションで移行していったのかというのは気になります。はっきりしているのは列車の中に戻ったところから、下手をうったホームレスを、これまでの行動基準なら見捨ててもいいところで助けるところでしょうか。
 そして、ソグの部下であるキム代理、電話を切った後にどれだけ時間が残っていたのか分からないのだけれど、彼にも人間性を回復する戦いがあったのではとも。

 あと、見せ場はテーピング。もうあのシーン、ほんとうかっこいいですね。最後は『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』を見せ球に使いながら締めてくる。この水準の映画はたくさん見ていきたいところです。

新感染 ファイナル・エクスプレス (竹書房文庫)
新感染 ファイナル・エクスプレス (竹書房文庫)
web拍手 by FC2
posted by すける at 16:43 | Comment(0) | 映画・演劇・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。