1. わたしがSF休みにしたこと 
  2. マンガ
  3. 『戦闘破壊学園ダンゲロス』横田卓馬 架神恭介

2018年09月30日

『戦闘破壊学園ダンゲロス』横田卓馬 架神恭介

『戦闘破壊学園ダンゲロス』マンガ版を読んだ。『蓬莱学園』×『魔界学園』でインスパイアされた感じのバトルものというべきだろうか。どちらについても原作者の架神氏の言及があったような気がする。様々な個性を持つ生徒がいる自治力の高い巨大学園に現れるのは、さらに「異能の転校生」という設定。

 魔人と称される異能力者がいる世界で、生徒会と番長の二大魔人グループの殺人まで含む学園内の対立に公的機関が介入できない理由として、60年代からの魔人による反政府闘争の妥結点である学園自治法の成立があるという点がオリジナリティとして目立つ。



戦闘破壊学園ダンゲロス(1) (ヤングマガジンコミックス)



 もともとは個々のプレイヤーが特殊能力を持つキャラを自作して持ち寄り、事前の会議によって作戦を決める、ネット上で開かれる軍人将棋のようなゲームであるということで、詳しいところはwikiを読んでもらいたいが、設定におけるポリティカルな部分は、暴力の応酬を合理的に説明し、ケームを始めて終わり、またゲームを始めるための理由付けでもあると思うので、あまり深く受け止める必要もないだろうと思う一方、物語では、この対立によるゲーム的均衡をコントロールしつつ、自治法を踏み台にしてより強固な政治性を獲得しようとする動きも出てきており、これはゲームの側からすればゲームを破壊しかねない行動であり、懲罰が与えられる必要があるということになるだろう。開幕時に示される対立とは別の対立構図が次第に前面に出てくるという構成となっている。これはゲームが要求する反復性と、物語の一回性という対比を見るうえでも興味深く、ゲームの物語化というのもいろいろな水準があるけれど、これもシステム面とのからみでいろいろ考える種になりそうなものだ。


 異能バトルはゲームのルールを反映していると思われる地形効果や、連携による効果の上昇面が見せ場であると同時に、忍法帖的情報戦の錯綜も描かれている。こちらは生徒会側の優勢。バトルもハルマゲドン開始当初の方針、ある異能を主人公によって一対一対応で無効化するような作戦を、ラストの使用ではひっくり返しつつコンボを重ねて反撃に用いるという作り方で、これも始まりと終わりを対応させる構成になっていて、広げ方から畳み方までうまくできている。こういうロジックの重ね方は、ジャンルによる蓄積もあるが本当に最近の人は上手になったなと考える。最後の逆転も、かなり前の方で伏線が張られており、主人公が能力を使った回数を独白する場面あたりがフェアプレイだろう。


 それにしても話を広げた上で、結論が非常に個人的な解決で終わるのは、今風であると同時に、著者の特徴なのかな。これはまだよく分からない。あと『魔界学園』読み直したくなったね、久しぶりに。



戦闘破壊学園ダンゲロス(8) (ヤングマガジンコミックス)


魔界学園(21) (少年チャンピオン・コミックス)


web拍手 by FC2
posted by すける at 17:36 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。