1. わたしがSF休みにしたこと 
  2. SF
  3. 『超動く家にて』宮内悠介

2018年10月03日

『超動く家にて』宮内悠介

 宮内悠介『超動く家にて』読了、というかちょっと前に読めていたのだけれど、PCが壊れて間が空いてしまった。

超動く家にて 宮内悠介短編集 (創元日本SF叢書)
超動く家にて 宮内悠介短編集 (創元日本SF叢書)


 表題作である「超動く家にて」をはじめ「法則」「エラリー・クイーン数」など三篇は法月綸太郎『ノックス・マシン』と併せて読みたいSFミステリ短編である。とりわけヴァン・ダインものの「法則」は嬉しい作品だ。
 これは板垣恵介の画と演出で脳内再現するしかない巻頭の「トランジスタ技術の圧縮」に、村上春樹でギブスンをやる「クローム再襲撃」といった本歌取り・パロディ感のある作品で才気を見せてくれるのも楽しい。
 ローテクの遊戯として、野球盤を扱った「星間野球」は対戦プレイの中でルールとルールの逸脱のはざまでゲームを成立させるやりとりの妙味を見せてくれるし(でも、消える魔球で、初見のプレイヤーが「ふざけるな」というのは当然だよな)、MSXが重要な役割を果たす「エターナル・レガシー」は胸が熱くなる。MSX3部作はぜひ完走してもらいたいところだ。

 収録諸作品の発想の元となったネタは多くあとがきで明かされており、そこからの展開は非常にテクニカルに作品化されていて、しかもバラエティに飛んでいる一方で、この短編群には器用さだけで構成されたのではない、たしかに一人の著者が書いたのだということが感じられる問題意識もある。物語る機械をめぐっての個別の作者と読者が立ち上がってくる「アニマとエーファ」はその辺りで鍵になるかもしれない。
 恋人たちの逃避行が次々とヘンテコなハイカーを拾って珍道中と化していきながらやがてそれぞれの人生にあらためて向き合うことになる「ゲーマーズ・ゴースト」の人間観のバランスの取れ方は最近なかなか見るの難しいような気もする。気持ちのいい、よい短編集。


ノックス・マシン (角川文庫)
ノックス・マシン (角川文庫)


タグ:宮内悠介
web拍手 by FC2
posted by すける at 22:18 | Comment(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。