1. わたしがSF休みにしたこと 
  2. ゲーム
  3. 『雷子』クロン

2018年10月21日

『雷子』クロン

 TL上で隠れた名作として取り上げられていた『雷子』が、ボイスを落としたバージョンがふりーむで公開されたということでダウンロードしてみた。なるほど、怪作としてプレイする価値がある。

 ネット上でレビューを見ると武将女体化ものの三国志という今となっては新味の低い設定がいまひとつ購買意欲をそそらないという第一印象を、しかしそこから予想されるようなキャラクターを見せるためだけの話にせずに、史実を踏まえて死者が積みあがる悲劇的な流れを見せたうえで、圧倒的な展開でひっくり返すという構成力について、最終的に高い評価を下しているという声が圧倒的。一般的な知名度は低いが、実際にプレイした人は高揚しているという状態。

難攻不落三国伝完全リメイク-雷子- - 3DS
難攻不落三国伝完全リメイク-雷子- - 3DS


 まずはすでに荊州に劉備がいるという形で、黄巾や董卓といった序盤の展開は飛ばして、主人公はひょんなことから諸葛亮の弟子となる。だが、この作品では猛将を率いて薄氷を渡るような策をひねり出す諸葛亮と対になる軍師として、凡将と共に生き残る龐統像が提示される。しかも三国志にネタバレもクソもあるかとOPムービーでは矢に身体中を貫かれている龐統は直近での死を宣告されているのだ。だから、三国志を知らないプレイヤーにも、避けられないであろう死から逆算してしゃべっていると分かる龐統のセリフは、自分が持っているものを主人公へ全て渡していくという形。ブログではすでに三回龐統で記事を書いてるわたしには、この時点で抵抗できない展開だ。

 この点、諸葛亮の人事の危うさに触れる言葉を、ほぼ同時期に加入してくる魏延と馬謖への諸葛亮の対応の差で浮き彫りにし、その直後に龐統のサポートが入るなどという形で具体的に見せているあたりの作り方もうまい。

 やや割りを食う人格である馬謖も、机上の空論をもてあそぶ軽薄才子というだけではなく、定軍山の戦いに従軍し、夏侯淵の猛攻をその目で見たがゆえに、実践の中で敵から学ぶという姿勢を見せつつ、それが空回りして結果的に悪い事態を招くことになるという厳しい描写がよく描かれている。

 こうした中で関羽張飛たちも当然死んでいき、やがては五丈原で諸葛亮をも看取ることになる展開で、主人公は龐統の言葉を引き受けて、諸葛亮と龐統の弟子として蜀を背負って戦わなければならなくなる。


 伝奇部分については、ループ物と異世界転生物(主人公は「元の世界では平凡な少年」というわけではないので、一般的な定義とは性格が違うが)とをミックスした形で『反三国志』をやっていると言えて、ジャンルの傾向の影響も受けているのが感じられる。

 個人的には放埓な歴史改変に対する反発が実存的にあるのだが、先に何者かの手で史実より若干先行する形で歴史に介入されていることは三国志を多少知っていると分かるので、主人公が介入する側に回ることへの正当性が担保され、抵抗が薄れるようになっていることは、製作者自身にどれだけ意識されているかわからないが興味深かった。


 本編においての伝奇的展開に関して、主人公の二段構えの正体は、一段目が明かされたところで、二段目までも見当がついた。諸葛亮と龐統を合わせたような軍師は可能か?という問いへ龐統が答えかかるあたりが大ヒントだろう。だが「春秋→呉」「漢→魏」「殷周→蜀」という形で落ちてきていて、四部作が予告されている続編のことを考えると、三国まで問題が持ち越されている以上、すでに発売されている二部(春秋)と三部(漢楚)は全面的なグッドエンドにはならないことが推測され、四部の殷周で、一作目の展開を回収・適用して前後半に分けるような……と思っていたら、エピローグでは「封神演義」よりもう一回り大きいところを狙ってるかという感じも出てきた。ひょっとしたら封神榜体制に人間の側から再戦を仕掛けるような神狩り……。これは奇書(ゲームだけど)と言える水準だろう。

 あ、呉編では孫策や孫権が空から監視している巨大な眼の悪夢に悩まされているという描写とかあってもよかったかもしれない。勘のいいひとは、そこで呉の呪いの正体を察してしまうかもしれないが。

 またスピーディーな展開も特徴的で、次の戦いに移る際に「あれから〇年」という形ではなく、省略した部分の両端を結んで連続的につなぐ形で進めており、このスタイルはなかなか独特でテンポが良い。テキスト自体は必ずしも重厚であったり繊細美麗な文章というわけではないのだが、早い展開の中で要所を締めるように書かれていて、効果的である。小説の文章とは違う、ゲームの中でのテキストという視点で見ても面白い。


 SLG部分に関しては、慣れてくると重騎兵のずらしと騎兵の直線攻撃でのコンボなどが面白くなってくる作りで、シナリオの圧倒的な強さと比べると、普通に面白いという水準だが、工夫のし甲斐のあるものになっている。


『雷子』が予算が少ない中で作られただろうことは初見で見当がつくが、作り手側の熱量が直接プレイヤーに伝わる形であり、80年代後半のソフトハウスから作られたゲームから感じられる雰囲気がある。この作品に肩入れしたくなるレビュアーが多くいることは当然だという気がする。

 こんなゲームをフリーでプレイしてしまったのが申し訳ない、Steamで金落とせるようにしてほしいのだけれど。実際のところフリーでは声がなく、最初は別に必要ないと思っていたのだが、あの戦いをくぐり抜けたキャラクターの声が聴きたい。声を当てたのは比較的キャリアの若い人、経験の少ない人などが多いようだが、このゲームでそれがマイナスになるということはあまり考えられない。そして、サントラも聞きたいのである。


 そしてなによりも四部作完結させてほしいのだ。


雷子 - PS Vita
雷子 - PS Vita



タグ:三国志 雷子
web拍手 by FC2
posted by すける at 17:46 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。