1. わたしがSF休みにしたこと 
  2. 読書
  3. 『史記列伝』司馬遷

2019年01月12日

『史記列伝』司馬遷

『雷子 紺碧の章』から始まる春秋戦国時代への関心で『史記』を読み返すかと書棚を見る。岩波文庫の『史記列伝』が飛び飛びなのは、引っ越しで散逸したのではなく、そもそも興味ある巻しか買ってなかったからだった。楚漢の争いと、「刺客列伝」「遊侠列伝」を含んだ巻があるから、どうもそんな買い方だった気がする。趣味的読書の限界感。というわけで欠けていた一巻と四巻を購入する。


 巻頭の「伯夷列伝」が決定的だ。司馬遷は、徳を修めながら餓死に追い込まれた伯夷叔斉について「天が善人に対する報いとは、いったいどんなことなのか」と嘆きつつ、「もしかすると天道と言われるものがただしいのか、ただしくないのか」という決定的な疑問を投げるに至る。
 『史記』もテキストクリティークは複雑らしく、必ずしも原本において「伯夷列伝」が列伝の巻頭にあったかを確認するのは難しいという話もあるようだけれど、やはりこれは誰が見ても決定的に司馬遷が自分自身のことを語っていて、『史記』全体を通貫する視点だろう。しかし「もしかしたら」とは恐ろしい言葉だ。

 ここから「老子・韓非列伝」で説難篇をかなり長く引用する意図も明らかになるだろう。人の世にあって徳操を保った伯夷がその酬いに餓死し、権力者の前であやつる言葉の困難さを十分に知悉していた韓非子が横死を避けられなかった時にむき出しになる天と人との裂け目のあいだに歴史記述があらわれる。これは紀伝体の形式を取るしかない。編年体に再構成したら思想が死んでしまう。

 それにしても一巻は孫子や伍子胥を外せば、秦を中心としつつそれにあらがう周辺の諸国という絵が、最終的には秦にまとまっていくという流れが見える巻である。縦横家の弁論や、戦国四君(平原君は「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」が似合う男……」)といった多彩な人物を交えつつ、商鞅以後の法家的改革を採用した秦の軍事力の拡大を、何度かチャンスはありつつも止めることが出来ないというあたりにドラマがあります。合従による対秦統一戦線は、それを支える根拠が秦の強大さによるものだというジレンマのため、どこかで崩れてしまう。

 とはいえ、最近はエンタメでも左右問わず割と法家を現実主義として称揚する一方でカジュアルに儒教批判というのが採用されてる印象があり、『蒼天航路』なんかでも、ある程度両義的に描かれてはいても究極排除の対象感。まあ、あれは曹操視点なのだけれど、読者が無点検で同化するものかというと疑問はある。
 商鞅の法家的改革のあと、曲折はあれ群雄割拠する戦国時代で優位をキープし続けた秦が、しかし統一後から帝国成立15年、法に追いつめられた農民の衝動的な反乱を端緒に瓦解するというところ、法家が法の恣意的な行使を止める論理を最終的に内在化できないところで法匪を生むような時、倫理はとりあえず外部から借りるしかないのではないのかと。
 李斯が同門だった韓非子を陥れるために用いた「法律を度をこえて適用し誅されますのが第一でございます」という言葉が、法家による国家のただなかで吐かれたことが韓非子の列伝の中に記されていることの意味は、物語の中で都合よく区切られるよりも射程が長いだろう。

 また四巻では、李広や衛青以上に、匈奴、南越、東越、朝鮮、西南夷列伝あたりがありがたく、とりわけ「西南夷列伝」が三国志的な興味でも結構面白い。夷扱いされていた時期に漢に目をつけられたのがクコの実の醤がきっかけとか、バクトリアと蜀の商人の交流が見られるという示唆とかから、最終的にこの地が益州としてまとめられるというあたり、商人の往来が盛んであるという「三都賦」につながっていく蜀の風俗描写にもずいぶん落とし込める気がするし、中原からの辺境という蜀の地が、あんがい国境を越えた商人の往来の盛んな地域であったということが読み取れるのだ。





タグ:春秋時代
web拍手 by FC2
posted by すける at 17:28 | Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。