1. わたしがSF休みにしたこと 
  2. ゲームブック
  3. 『ブラマタリの供物』フーゴ・ハル

2019年02月03日

『ブラマタリの供物』フーゴ・ハル

 これまで、創土社のアンソロジーでクトゥルフ関連のゲームブックを発表してきたフーゴ・ハルが、ついに長編での作品を発表。タイトル自体は2013年ごろには聞いていたと思うので、待たされたけれどもそれだけの甲斐はある作品だ。



 導入は1928年、ロックフェラーの係累の青年がアフリカで行方を絶ったことことから、救出に指名された刑事、マロウンを主人公として行われることになる。

 本書の特徴は狂気度の管理で、ページは進むほどに右上に記された値は増加していき、それによって危険なマップを利用することになったり、数値判定でジャンプ先を強制されたりという弊害が起きるようになっている。面白いのは、この数値を記録するために、カバー袖を当該のページに挟むように指示されることで、進んでいないページは簡易な封印を施されているという形になる。
 物語を進めるためには閉じられた封を破る必要があるが、それは同時に狂気へと落ちる可能性も示しているというジレンマ、知ることへの禁忌を非常に物理的に表していて、いろいろなアプローチの仕方があるものだと思わされる。本を傷めてくないのでしおりで代用するというような形だと、この雰囲気を十全に味わうことは難しいので、ここはぜひ使い倒すつもりでカバーをそのまま使ってみてほしいところだ。
 なお、このような形だと、とうぜん、進行している狂気度よりも手前のセクションを選んでプレイしたくなるが、そこは消極的なプレイばかりしていると、後ろの方に飛ばされる指示が出てきたりするので、勇気も必要になってくる。

 狂気度が進んだマップでは主人公の自己認識や言動も怪しくなってきており、判定にクリアしても周囲の人物に軽率な行動を押しとどめられたからという感じになってきていて、危険な状態になる。とはいえ、それ故に重要な情報もあるためやはり踏み込まなければならないのだ。
 中盤に入る手前くらいで重要な情報源が与えられるが、これはセクションの番地が大きく、狂気を上げることが確実なので、この知識にいつアクセスするかという決断は進めるうえでの一つのカギになる。同時にそれぞれのマップには回復ポイントも用意されているので、ここを把握できれば、行動の自由度はかなり増すだろう。

 こうした、冒険を重ねていくことで、事件のおおよその姿が見えてくる。ジャングルの中で見たいくつもの奇妙な死体が、ある戒律に基づいて罰を受けていたらしいことが分かってくる。この辺りからは怒涛の展開というべきで、数学・音楽等が示す世界のビジョンにさらされながら、ついに邪神の顕現に立ち会わねばならなくなってくる。終盤のパラグラフジャンプも特徴的で、重要な部分では数字による指示は少なくなっており、言葉をカギにして辿りつく必要がある。そして諧調の支配する世界に対して、小さな楽器が抗議する……。

 謎の歯応えかなりのものだが、そこから受け取ることの出来るものは圧倒的で、これは大作と言われるべき作品だ。なおミスカトニック大学特別研究員という肩書の岡和田晃の解説は、本書の背景を分かりやすくまとめているが、しかしなお、この文章も作品の狂気にとらわれているのだ。これから読む人にはなんとか脱出していただきたい。






web拍手 by FC2
posted by すける at 18:46 | Comment(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。