1. わたしがSF休みにしたこと 
  2. 映画・演劇・ドラマ
  3. 『ゼイリブ』『遊星からの物体X』ジョン・カーペンター監督

2019年05月20日

『ゼイリブ』『遊星からの物体X』ジョン・カーペンター監督

 テレビやレンタルなどで見ているものの、やはり劇場で見たいということで早稲田松竹の二本立て。



 『ゼイリブ』はSF的社会批判の強みと弱みを等分に持ってるなとずっと思っていて、レーガン政権末期のアメリカで放たれた広告・宣伝を通じた消費強制社会批判は現在に至るまでの射程を持っている一方で、カーペンターが2017年にもなって「(これは暴走する資本主義への批判であって)ユダヤ人が世界を支配しているという虚偽の中傷ではない」とわざわざ言わなければならないという側面がある。

 ユダヤ人の支配などとは馬鹿げたつまらない作品の読み方であるけれども、こうした低水準の感想は日本でも「マスコミに入り込んだ○○人の陰謀について描いているのでは」などという形で見られないでもなく、一定の数がいることも確認できる。そして、こうした監督を嘆かせるような読み手の存在は、当然それ自身の貧しい認識力の限界の問題である一方で、「真実を暴くサングラス」や「人間の間に入り込んだ敵対的な異種族」というSF的に便利な道具立てが呼び起こしたという一端の責任もあるのではないかと。

 ただサングラスをめぐる、いわゆる「プロレス」シーンの長さについては、わたしは割と肯定的で、というかわたしたちはずっとある意味ではこのサングラスをかけろ、かけない、いやこのサングラスのほうが正しいのだという水準のもみ合いを延々としているようなものだからだ。このあたりについては「『ゼイリブ』に描かれる 同時代からの引喩について」上石田麗子(『國學院雑誌』115巻 11号)に、まとまった文章がある。

『遊星からの物体X』については、グロテスクなシーンの強烈さの一方では、被害者がモノに同化される瞬間の描写は、決して行われないというあたりの抑制が、ラストシーンを巡っていまに至る議論を支えているなと興味深い。あと、物販でJ&Bのボトルあったら、帰りに買ってしまうよなーという。まあ、上映中に飲まれたらたまらないだろうか。あ、会場では『ジョン・カーペンター読本』買えました。

 それにしても、『ゼイリブ』(レイ・ネルソン「朝の八時」)、『遊星からの物体X』(ジョン・W・キャンベル「影が行く」)、『光る眼』(ジョン・ウィンダム『呪われた村』)とカーペンターのSFものの原案チョイスの方向性は一貫してる。いっそ『超生命ヴァイトン』とかどうだろうかという。







web拍手 by FC2
posted by すける at 12:25 | Comment(0) | 映画・演劇・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。