2017年07月17日

『霊幻道士 こちらキョンシー退治局』

 新宿・シネマカリテの「カリコレ2017」上映作品のうちの一本ということですが、タイトルから分かる通りに「霊幻道士」で「キョンシー」ですよ。なにがオリジナルかと言い出すと大変な話ですが(『鬼打鬼』でしょうか)、われわれ80年代の小学生にとっては『霊幻道士』(『殭屍先生』『Mr.Vampire』)であるわけで、そしてこの2017年の新作はまぎらわしいタイトルのいただきではないスピリットがあふれているわけですよ。だって、『霊幻道士』では林正英(ラム・チェンイン)の弟子を演じた錢小豪(チン・シウホウ)が今作では道士を演じるんですから。(http://yugen-rairai.com/reigen.html)




 というわけで、連日満席になっている本作を見てきました。もうねチン・シウホウのアクションがあるだけで多幸感が出まくりですよ。『霊幻道士』では腕は立つけど女に弱い軽薄さもある弟子だった彼が、本作では渋みもあれば過去を引きずる痛みも持つ師匠としてアクションを見せてくれるの、ほんとうにこういうのがみたかったんだよーと。以前彼主演でジュノ・マックって監督によるキョンシーものもあったんですが、どうも設定がメタっぽくそこは忌避してしまいました。アンソニー・チェンも出てて、キャストは最高だったのに。願わくば、古典的な道士の正装姿をとも思いますが、それはまたの機会に。

 キョンシー退治を執り行う「清掃局」の局長をつとめているのは『霊幻道士3』で道士を演じたリチャード・ンですが、実に矍鑠としたもので、これも嬉しくなってしまいました。予告でも切り抜かれている「少しくらいは英語も分かる」ってセリフがあったんだけど、これはギャグかな。香港だからそこそこの英語はというレベル超えて、彼、イギリス留学で演劇学んだインテリだもんなぁ。「清掃局」はひとつの部署としてお札書きとか武器造りとかある程度分業制になっていて、90分の映画の尺では必ずしも活かしきれたとは言えないけど、彼らにエピソード割り振れば、いくつか話はつくれそうで、この設定でTVシリーズ化しろという人がいるのも分かります。
 主演の青年、チョンティンを演じるベイビージョン・チョイは昭和の香港映画見てた人間からすると線が細くも見えますが、アクション映画で実績を積んでいて中堅に入りかかっていると言ってもいい俳優なのかな。ヒロインの女キョンシーを演じるリン・ミンチェン、キョンシー歩きをさせないためにセグウェイに乗らせるあたりの小技に笑いつつ、役柄が特異なので演技力とかは考えなくていいななどと思わせながらも、チョンティンとの出会いのシーンで唇を噛み切り彼の生命力を吸い出すシーンをラストに対応させて収束させるあたりの使い方はなかなか上手いものだと思いました。

 中盤に見せ場のアクションをひとつ入れてほしかったとか、ラストバトルはもう少し長く見せてほしかったとか、この辺「武術指導」的なポジションはいまどうなってるのかしらと注文はあるんですが、たしかにゴールデン・ハーベスト感のある香港映画を見れたことに比べればささいなことです。今年は『おじいちゃんはデブゴン』で石天さんを、本作でチン・シウホウを日本のスクリーンで見れたのでよい年です。うん、チン・シウホウの道士はもっと見たいなぁ。


霊幻道士 デジタル・リマスター版〈日本語吹替収録版〉 [DVD]
霊幻道士 デジタル・リマスター版〈日本語吹替収録版〉 [DVD]
web拍手 by FC2
posted by すける at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』ギャレス・エドワーズ監督

 本編である『スター・ウォーズ』シリーズはこれまで一作も見たことがなかったのですが、スピンオフの位置づけであるという本作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』については、ツイッターのTL上に流れてくるいくつかの言及を読んでみて、これならわたしにも見ることができるのではないかと思うにいたり、年末に劇場に足を運びました。



 結果は正解。最低限の知識として劇場版第一作である『エピソード4/新たなる希望』は見ておくべきという話も事前に聞きましたが、これをスルーしてもなんとかなりました。

 予告編を見ていた時点でカメラワークがおそらくはスター・ウォーズ本編とは性格が違うものだろうということは予測がついたのですが、カメラワークが違うということは、作品全体を貫く論理が違うものだということで、戦争映画に近いカメラワークは、英雄的なキャラクターとしての特権を持っていない、死にやすい身体をもった普通の戦士たちが担った闘いを描いた『ローグ・ワン』の物語としっかりと対応するものだったと言えるでしょう。

 こうした差異は、スター・ウォーズの根幹をなすフォースの作品内での扱いにも関わることで、ジェダイの騎士の存在しない、フォースの顕現しない本作においてこそ、結局のところ物理的な現象に還元されるような便利な超能力、ではなく、ドニー・イェン演ずるチアルートが提示したような、信仰の物質的な基盤が失われた場所において信仰するという、そうしたフォースというものがスター・ウォーズ世界での凡夫にとってどのような意味を持つのかということが初めて問われたのではないでしょうか。わたしが『ローグ・ワン』ならば見れるかもしれないと推測したのはこのような機微があったからでした。
 単体で動かせばややファナティックに見えかねないチアルートの横に懐疑的な姿勢を保つ友人ベイズ(チアン・ウェン)を配したことも、セオリー通りに効果的で、チアルートのフォース信仰はベイズによって常にチェックを受けつつ、最終的にベイズをも動かしていくという形で、より多層的に描かれていきます。

 最終決戦に挑むローグ・ワンチームでは個人の名前も初見では分からないままの成員もいましたが、それでも彼らについてのキャシアン・アンドーの言葉から、輝かしい反乱の指導者たちの影で、大義を支えに汚れ仕事を引き受けてきた経緯と、それゆえに上層部が大義を捨てようとするときにももっとも汚い仕事に手を染めてきた彼らこそが降伏を肯んじえないという「三軍も師を奪うべきなり 匹夫も志を奪うべからざるなり」という姿が見えてきます。
 登場人物についての描写不足は言及されるようですが、基本的にはこのように過去を推測するセリフがはさまれていて、おおむね想像の余地があるように描かれています。やや残念なところとして、登場人物同士の繋がりがありそうな部分は直接言及されるようなシーンがあってもよかったのではというところは実際あり、特にリズ・アーメッド演じる脱走パイロットのボーディーについては、帝国を離脱するに至る前に、主人公ジン・アーソの父である科学者ゲイレンとどのように接触していたのかというあたりの経緯はもうちょっと見てみたいところでした。ただそれも全編の価値を損なうことのないわずかな瑕疵に過ぎません。
 この作品が『新たなる希望』のわずかな時間の前で終わっている外伝的作品ということは前提としても、たしかに一つの作品として『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は独立した価値を備えています。そして、ネット上ではこの作品に「続編」があることを知らない鑑賞者についての言及がときおり見られますが、それはまったくのあたらしい観客をより広大なスター・ウォーズの地平へ導くことの可能性であるのでしょう。そしてわたしは、ローグ・ワンのメンバーたちの成したことを引き継ぐべき「ルーク・スカイウォーカーとはどんな人物か」と聞きたいのです。
 あ、ジンを演じたフェリシティ・ジョーンズはじつにイギリスっぽい可愛さでしたね。


アート・オブ・ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
アート・オブ・ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
web拍手 by FC2
posted by すける at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

『カントク記 焼とりと映画と寿司屋の二階の青春』山本晋也

 新刊書店に出かけたものの目当ての本二冊は買えずふらふら棚をのぞいていたらたまたま目に止まった本を即座に購入。こちらはネットで張っている読書系のアンテナにはまるで引っかかっていなかったので、やはり現物を見て回れる場所があるのは重要だ。

カントク記 焼とりと映画と寿司屋の二階の青春
カントク記 焼とりと映画と寿司屋の二階の青春

 カントクと言えば最強伝説、であって最近の日刊ゲンダイの記事でも足立正生が語るエピソードなどは抜群に面白かった。
「ある日、応援団に呼び出され、同級生で応援団長だった山本晋也に“足立、学内で反安保運動をやってるのか?”と問い詰められた。すかさず“オレがやってるのは門の外だ”と答えたら、山本は“おまえら、情報は正確なものを出せ。この野郎!”って周りの応援団員をボカスカ殴るわけ。100人くらいに取り囲まれていたからね。当時の日大は応援団と運動部が支配する右翼大学だっただろ、返答次第では命の危険もあった。つまり、山本はオレの命の恩人なんだよ」(http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/175361/2
 もう、とにかく素材が最高としか言いようがない、足立正生と日大応援団の一触即発の状況をひとりで持ってっちゃうんだから。

 そんなこんなでちょうどいいタイミングで出版された本書にもカントクの足立正生と若松プロとのちょっとした関わりや、応援団の話がチラリと書かれていてもうすっかり嬉しくなってしまうのだ。まあ、ケンカの話は分量としては多くはないのだが、水道橋博士の悪童日記でも触れられている「パッチギ」を荒木一郎にかましたエピソードで充分おつりがくるだろう。

 第二章から第三章は赤塚不二夫との出会いから「面白グループ」への参加、そして当時は無名、今から見れば超豪華キャストという伝説の『下落合焼とりムービー』(1979年)の話へと展開されるのだけれど、この映画の完成後にグループはなんとなく自然消滅してしまう。「『下落合焼とりムービー』は、そんなオレたちのちょっと先延ばしにしていた青春の終わりであり、永遠に続くかと思っていたバカ騒ぎの終焉だったのかもしれない」という言葉には、誰もが感じたことがあるだろう切なさがある。
 とはいえ、青春のエキストライニングスは『下落合焼とりムービー』からも伸びている。この映画に関わった人物として和光大学映研の土方鉄人の名前が挙がるのも非常に興味深い。すでに『特攻任侠自衛隊』(1977年)という怪作を自主制作していた土方は、この後80年に『戦争の犬たち』という作品を撮ることになる。これは日大映研の石井聰亙『高校大パニック』(1976年自主制作版)から80年の『狂い咲きサンダーロード』に併走する時代の感覚であり(両作品に土方も関わっている)、新しい映画の傾向を先駆けるものだったはずだ。

 第四章では『トゥナイト』のリポーター時代の話で、わたしがリアルタイムで知っているのはこの時代からということになる、というか「カントクって以前は本当に映画撮ってたらしいね」というくらいの認識だったんだよなぁ。風俗の女の子の取材で部屋に三島や太宰、川端の文庫本を見つけ、天丼を食べたのが一番嬉しかった、という人生に思いをはせるのがエンディングに相応しいだろう。助監督を務めた滝田洋二郎や『宝島』の編集者平哲郎、所ジョージ、美保純との対談も入って、なかなか読みごたえのある一冊だ。

下落合焼とりムービー [DVD]
下落合焼とりムービー [DVD]

web拍手 by FC2
posted by すける at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする