2019年05月20日

『ゼイリブ』『遊星からの物体X』ジョン・カーペンター監督

 テレビやレンタルなどで見ているものの、やはり劇場で見たいということで早稲田松竹の二本立て。



 『ゼイリブ』はSF的社会批判の強みと弱みを等分に持ってるなとずっと思っていて、レーガン政権末期のアメリカで放たれた広告・宣伝を通じた消費強制社会批判は現在に至るまでの射程を持っている一方で、カーペンターが2017年にもなって「(これは暴走する資本主義への批判であって)ユダヤ人が世界を支配しているという虚偽の中傷ではない」とわざわざ言わなければならないという側面がある。

 ユダヤ人の支配などとは馬鹿げたつまらない作品の読み方であるけれども、こうした低水準の感想は日本でも「マスコミに入り込んだ○○人の陰謀について描いているのでは」などという形で見られないでもなく、一定の数がいることも確認できる。そして、こうした監督を嘆かせるような読み手の存在は、当然それ自身の貧しい認識力の限界の問題である一方で、「真実を暴くサングラス」や「人間の間に入り込んだ敵対的な異種族」というSF的に便利な道具立てが呼び起こしたという一端の責任もあるのではないかと。

 ただサングラスをめぐる、いわゆる「プロレス」シーンの長さについては、わたしは割と肯定的で、というかわたしたちはずっとある意味ではこのサングラスをかけろ、かけない、いやこのサングラスのほうが正しいのだという水準のもみ合いを延々としているようなものだからだ。このあたりについては「『ゼイリブ』に描かれる 同時代からの引喩について」上石田麗子(『國學院雑誌』115巻 11号)に、まとまった文章がある。

『遊星からの物体X』については、グロテスクなシーンの強烈さの一方では、被害者がモノに同化される瞬間の描写は、決して行われないというあたりの抑制が、ラストシーンを巡っていまに至る議論を支えているなと興味深い。あと、物販でJ&Bのボトルあったら、帰りに買ってしまうよなーという。まあ、上映中に飲まれたらたまらないだろうか。あ、会場では『ジョン・カーペンター読本』買えました。

 それにしても、『ゼイリブ』(レイ・ネルソン「朝の八時」)、『遊星からの物体X』(ジョン・W・キャンベル「影が行く」)、『光る眼』(ジョン・ウィンダム『呪われた村』)とカーペンターのSFものの原案チョイスの方向性は一貫してる。いっそ『超生命ヴァイトン』とかどうだろうかという。







web拍手 by FC2
posted by すける at 12:25 | Comment(0) | 映画・演劇・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

『ザ・フォーリナー 復讐者』マーティン・キャンベル監督

 ジャッキーの『ザ・フォーリナー 復讐者』見てきました。制作の話を聞いたときは、日本公開もすぐだろうなんて思っていたんですが、実際には2年近くたってしまいました。それでも劇場で見れたんだからよしとしましょう。


 アイルランドをめぐる政治的駆け引きがあるために、ある程度穏健派と強硬派の指導力争いみたいなことを知っていないと入り込むのに若干苦労するかもしれませんが、基本線は復讐のための相手を知ろうとするジャッキーが、目を付けた相手に執念深くからみ続けるという流れ。おもな対象となるのはボンド俳優であるピアース・ブロスナンで、ボンド対ジャッキーのバトルも期待されますが、今回は相手が悪すぎた。目の死んだジャッキー・チェンが、森の中や張り付いた天井から襲ってくるという、いささか襲われるほうが気の毒にならないでもない怖さ。

「ビルから外部への脱出」「森の中」「室内」の三つの場面でのバトルがあるんだけれど、元特殊部隊員としてのキャラ設定に起因するアクションを重視したという監督の発言がある一方で、結構ジャッキースタイルのアクションも織り込まれているというバランス感がありました。脱出シーンでは、ダイナミックな縦の移動(落下)シーンを多用し、格闘でも手近なものを利用する動きを見せたり、今作ではジャッキーはアクションシーンに関する最終的な決定権は持っていなかったようですが(HPではスタント・コーディネーターはグレッグ・パウエルとなっている)、ジャッキーのアクションの見せ方を分かってる感じ。修行(むしろリハビリか)シーンとかのサービス入りですよ。


 腰から下もしっかり動けていて、ジャッキー健在だと嬉しくなりますね。DVD化で特典映像とか付くのもも楽しみですが、これはやっぱり劇場で見ていただきたい。

 やや設定は変わっているようですが、原作も。


web拍手 by FC2
posted by すける at 03:40 | Comment(0) | 映画・演劇・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

『タクシー運転手 約束は海を越えて』チャン・フン監督

 初日、二日目と連続で満席の回を出した『タクシー運転手 約束は海を越えて』をシネマート新宿で。韓国での公開から日本での上映まで時間がかかったので待ってた人も多かっただろうね。





 軍隊が自国民に向けて実弾を撃つ話を、四十年も経っていないところから、よく映像に出来たなという驚きに襲われざるを得ない。そしてこの映画は、戒厳令下の光州へ向かうドイツ人記者を乗せたソウルの運転手(ソン・ガンホ)の物語であると同時にユ・ヘジンらをはじめとする多くの光州に生きたタクシー運転手たちの話でもあったのだ。映画を見た人は、タクシー運転手があんなに勇敢ものなのだろうかという疑問をもつこともあるだろうと思うが、以下の引用を。

「負傷者を病院に輸送中であったタクシー運転手に、空挺隊員は負傷者を下せと命令した。運転手が『貴方も見ての通り、今にも死にそうな人は病院に運ばなくてはならないのではないか』と訴えるや、その空挺隊員は車のガラス窓を壊し、運転手を引きずり出して帯剣で無残にもその腹を刺し、殺してしまった」( 全南社会運動協議会編『全記録 光州蜂起』p.78)
 当該引用の他にも負傷者を助けようとして暴行を受けた運転手が多く(同じように負傷者を搬送しようとしていた警察まで空挺隊に恫喝されたという)、検問の場でも少し不平を言っただけで棍棒で叩かれたとあり、光州のタクシー運転手たちが戒厳令下で同一業種の労働者として不満を高め、連絡を取り合いながら殺害にまで至った事件を契機にして5月20日夜には200台超のタクシーがデモ隊に合流することになる。(同書pp.86-87)

 また、物語上の創作かとも思われた、光州脱出時の検問シーンであるが、@LazyWorkz さんにご教示いただいた映画の考証記事によると、これはドイツ人記者ユルゲン・ヒンツペーターの証言を元にしたものだということであり、ここではそれとの関係は直接語られていないが、やはり考証ページの検問所の項目では現地の郷土師団である第31歩兵師団の徽章を元にしていると言われ、もともと現地出身の兵が多いために、デモに同情的な兵士がいたことがほのめかされることが読めるように出来ている。




 この検証は読みごたえがあり、とりわけ時系列で起こったことを見ると映画がどこを忠実に拾い、やや意地悪な言い方をすればどこを曖昧にしたり踏み込むことを避けたかということもほの見えてくる。


 また映画では触れられてない前史として、光州の大学生が労働者たちに夜間勉強を教える「野火運動」というのが、軍政に対するこの地域での労学戦線に一定の成果をあげてという。これを知ると、やはりソン・ガンホ主演である『弁護人』で、夜間の読書会を開いていた大学生が逮捕され拷問を受けて自白を強要されるシーンの意味が見えてくるところもある。光州事件が80年、『弁護人』のモデルとなった釜林事件が81年であることを見れば、これは地続きのものなのだ。3月にはこの「野火夜学」の実践にも参加した朴暁善の戯曲「クミの五月」もシアタートラムで上演されていたのだが、もっと早く気づいていればと思う。とはいえ5月には何かあるかもという気はするな。

 ソン・ガンホ演じる運転手のキム・マンソプは映画的な庶民像のための架空の人物だが、映画公開後にモデルとなった人物の消息が明らかにされたという。そのくだりについてはここで触れるものではないが、ヒンツペーターの「あなたのタクシーでいまの韓国を見てみたい」という訴えには心を震わせるものがあり、韓国の民主化の過程は決して平坦なものではなく後戻りもあるものであろうとも、自身の手で民主化を求めた歴史は事があれば路上に沸騰する潜勢力をもっているのだと感じさせられる。

 最後はいくらなんでもアクション過多ではという瑕疵はあるものの、リスクの多い現代史の争点を扱ったこの作品が意欲作であることは疑いなく、関わった人々すべてに称賛の意を示したい。


弁護人 [DVD]

沸点 ソウル・オン・ザ・ストリート
沸点 ソウル・オン・ザ・ストリート

全記録光州蜂起―80年5月 虐殺と民衆抗争の十日間
全記録光州蜂起―80年5月 虐殺と民衆抗争の十日間

増補 光州事件で読む現代韓国
増補 光州事件で読む現代韓国

web拍手 by FC2
posted by すける at 20:45 | Comment(0) | 映画・演劇・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。