2017年03月11日

鎖骨と「古代中国」

 まずは風野春樹氏のツイートから。




 某氏の
「Wikipediaで鎖骨について調べてたら、
『鎖骨』という名称は、古代中国で脱走を防ぐために囚人の体に穴を空けて鎖を通した場所がこの部位であったことに由来すると書いてあって恐れ戦いてる」
という内容のツイートに、風野氏が疑義を示したところから始まる。
 わたしも引っかかるところがあったので調べてみたが、たしかにWikipediaの「鎖骨」の項目にはそのような記述があるものの、「要出典」のタグが振られて、いままでそれに対応されていないのだ。
 それではと「鎖骨 古代中国」で検索するとけっこうヒットするものの、囚人由来とする記事は基本的にハンコのごとく「古代中国」で済ませていて、それ以上具体的な時代や王朝、典拠に当たれる内容が存在しない。それは、夏なのか、殷なのか、周なのか?誰が書いたなんという著作にその記述はあるのか?これらの記事は骨に関する専門的な知識、あるいは中国に関する専門的な知識の一部として示された知見とはとらえがたくどうにも典型的に「雑学」的な物言いという気がしないでもない。風野氏の調べによると中国のネット辞書『百度百科』に「奴隷の逃亡を防ぐため縄や鎖でつないだから」という由来が載っていて、日本でのこの説はここにたどり着くのではないかという気がするけれど、『百度百科』そのものでもやはり典拠が示されていない。

 検索を続ける。「骨」について学問的な立場から体系的に記述してあるHPでは、風野氏が指摘するように語源をClavis(鍵)としていて、これがclavicula(鎖骨)となり、『重訂解体新書』で杉田玄白の弟子である大槻玄澤が訳語として「鎖骨」を採用したとしている。なお当初の『解体新書』では漢方由来の欠盆骨表記であったという。
 東北大学整形外科教室
 船戸和弥のホームページ(慶應義塾大学医学部解剖学教室)

 現在日本で通用している言葉としての「鎖骨」は『重訂解体新書』由来のclaviculaの訳語であるとして間違いないだろう。ただし調べていく過程で、本家中国では宋代の宋慈による法医学書『洗冤集録』にまで「鎖骨」表記はさかのぼれるというのだ。これは中央研究院近代史研究所の張哲嘉氏の「『全体新論』と『解体新書』の漢字医学術語について」という文章によるものである。『洗冤集録』は1247年の著作であり、むろん『重訂解体新書』より圧倒的に早い時期のものだ。これはclaviculaの訳語ではないはずで、それではここでの「鎖」がどこから来たのかということが問題になる。
 とにかく四巻二十四章の「殺傷」に鎖骨についての記述がある。とはいえ、鎖骨という表現そのものについては特に説明がなく、鎖がどこから来たのかは本書から読み取ることは出来なかった。ある意味では「鎖骨」という言葉は説明不要で利用できる程度に宋代でも馴染みのあるものだったのだろうとも推測される。
『洗冤集録』を構成を変えつつ訳した『中国人の死体観察学 「洗冤集録」の世界』(雄山閣)に目を通してみて、第四章「骨の検屍」から「身体各部の名称」の節には鎖骨についての記述がある。ただしこれは原文では「髀骨」であり、訳で鎖骨とされているのだ。ここでは「欠盆」は鎖骨と肩胛骨のあいだにあるくぼみと表現されていることも見ておきたい。ラテン語から中国に入るというルートが可能ならば「重訂解体新書」と同じ起源と言えるので、楽なのだけれど、これも特定する情報が無いのでなんとも言いがたい。
 また引っかかるのは、宋代まで遡ることが出来るということは、逆に言うと、古代社会のエピソードを起源としながら、宋代まで、周の滅亡からとしても千四〜五百年のあいだ、鎖骨という言葉は使われていなかったのかという疑問が出てくる。

 ここで小川鼎三『医学用語の起り』を読む。「鎖骨と橈骨」という文章が収められており、ここで『重訂解体新書』での訳語の採用の話のほかに、明代の『外科啓玄』でも鎖骨という表記があったことなどを記したうえで、『大漢和辞典』において「鎖骨」が古くから中国にあった成語で「鎖のように相関連する骨」であると述べられていると書かれている。諸橋大漢和によると蘇軾が詩の中で「鎖骨」という表現をしており、これだと北宋期にはこの言葉があったという話になるのだが、これは医学上の用語と言っていいか。唐代の怪異を記した『宣室志』にも鎖骨という言葉は使われているが、これは「蔓のごとく連絡する」「菩薩が有する」とあり、人体の解剖学的な対象としての骨ではなく竜の鱗とか河童の皿とかそういう類のものと思われるので、今回の調べものの対象からは外すことにする。

 古代中国の囚人説を取りたいという場合には、確認可能な典拠を参照してからでも遅くないのではと考えます。


医学用語の起り (東書選書)
医学用語の起り (東書選書)

中国人の死体観察学―「洗冤集録」の世界
中国人の死体観察学―「洗冤集録」の世界

大漢和辞典 全15巻セット 別巻『語彙索引』付
大漢和辞典 全15巻セット 別巻『語彙索引』付
web拍手 by FC2
posted by すける at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉を調べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

「蕎麦は耳食」か

 とあるブログで「『蕎麦は耳食』という言葉があるらしいが、本当か?」という大阪府立中央図書館レファレンスへの質問とその回答を載せているらしい記事を見る。回答は、「この言葉は確認できなかった」というもの。(http://ameblo.jp/watanuki-sakutaro/entry-11570060967.html

 ところで、「ソバは耳食」という言葉自体は確認はできるのだ。木村義雄十四世名人の『ある勝負師の生涯』文春文庫版の巻末に寄せられた、息子で自身もA級棋士であった木村義徳九段の「父の思い出」という文章に、名人の言葉として紹介されている。ただ質問者の聞いた文脈では、「蕎麦は消化に悪いので縁起が悪い」という意味だったようだが、名人は「耳食なので噛まずに食べるのが通だ」という意味合いで使っていたようだ。どちらにしても史記から来ているらしい「耳食」の辞書的な意味である耳学問というニュアンスからは外れている。

 名人の場合は、蕎麦は音で食べるものだという江戸っ子的なセンスが「耳食」というすでにあった言葉の語感と結びついた気がしないでもない。この江戸っ子的な食事観は、豆腐は木綿か絹かという升田幸三との言い争いも思い起こさせる。木村名人は食事の作法で江戸っ子であることをとりわけ意識して演じていたようにも見受けられる。木村名人の食事のスタイルを紹介したものとして、芹沢博文九段から河口俊彦八段が聞いた話という「木村十四世名人の鰻重」(将棋ペンクラブログ)という記事もあり、うな重からうなぎを取って食べるというのはいささかやり過ぎであろうと思うが、これも多分に通人、粋人というパフォーマンスの感が強い食べ方ではないだろうか。息子の木村九段も「父の思い出」でエピソードを紹介した後、蕎麦は噛んだ方が当然うまいというように書いているのが面白い。


ある勝負師の生涯―将棋一代 (文春文庫)
ある勝負師の生涯―将棋一代 (文春文庫)
タグ:言葉
web拍手 by FC2
posted by すける at 13:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉を調べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

「返辞」と「辞引」

 MS-IMEでは「へんじする」と打っても「返事する」としか変換しない。携帯電話の変換ソフトでもそうなっている。

 幸田文さんは『みそっかす』のなかで「返辞」と書いていて、こちらの表記も辞書にはあるが、あまり使われていないようだ。わたしの感覚ではことばなのだから「返辞」の方が馴染む。とはいえ「かえりごと」なのだから「返事」の方がいいのではないかと言われたら、そうかなあとも思う。まあ、これはどちらを使ってもいいんだろう。
みそっかす (岩波文庫 緑 104-1)
みそっかす (岩波文庫 緑 104-1)

 さて、これに関連してネットを回っていたら、「 教えて!goo」でどうやら外国人の方から「辞引きで引いてみると」という文章の意味が分からないという2010年4月28日付けの質問があった。加えて「辞引き」という言葉も辞書には出ていないのですが、とある。(http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5856565.html

 これに対して、同日中に回答が複数寄せられているが、現在最新の回答として表示されているkrya1998氏の文章には、

辞引きって余り聞かないな。
 字引きしか、使っているのをみないな。誤字誤植か、拡大して応用しようかな?座りが落ち着きませんね。
 私が先生か親なら、ばってんをつけますね。
とある。

 自らの経験をもとに正誤を判定するというほどの知識を持つこの人は、相当な読書人でもあろうかと思われる。「私たち図書館のものは」ともおっしゃっているので、さしずめボルヘスのごとき、あるいは「記憶の人、フネス」のごとき人でもあろうか。


「辞引き」などという「座りが落ち着」かない言葉(わたしなら「座りが悪い」とするだろうけれど)を書いた生徒は、バツのついた答案用紙を返されたら恥じ入るべきだろう。



 さて。

 やはり幸田文さんの『みそっかす』のなか、に「みそっかすなんていうことばは、もう無い方がいい。辞引にもない方がいいし」という文章がある。(「みそっかすのことば」1951年)

 直感的に、この用法は少なくとも戦前の文化圏ではまったくないわけではないと思った。ので、調べてみるとあっさり判明。
 ブログ『ことばのメモ帳』の2006年11月19日の記事「辞引」は、石山茂利夫『裏読み深読み国語辞書』やブログのコメント欄などから、「辞引(き)」という言葉が使われた例を挙げている。

井上ひさし『本の枕草紙』
横光利一『御身』
長谷川鑛平『本と校正』
巌谷大四『波の跫音』
金関丈夫『長屋大学』
というところだ。

 さらに青空文庫あたりを掘れば、もっとあるはずだと考えたので、サイト内検索をかけてみたところ、ヒットしたのはこちら。
○中井正一「国立国会図書館」
「個人大福帳的、生辞引的なものから、工場機構ファクトリー・システムに各省も、図書館も変りつつある」
○服部之総「福沢諭吉」
「『西洋事情』は自家政見のための辞引であり、語彙であった」
○岸田國士「春日雑記」
「この春休みに英語の小説を一冊、辞引を引きながら読む人だと云つてゐた」

 さきに名の挙がった横光利一「御身」もある。「俺ちゃんと考えといてやったんだがな。辞引ひっぱったのやろ?」


『裏読み深読み国語辞書』(2001年)の第二章には「『辞引』が辞書に入るまで」という文章があり、『三省堂国語辞典』の四版(1992年)と小学館『日本国語大辞典』の二版(2000-2002年)に「辞引」が採用されるに至った経緯が述べられている。 用例としても萩原延寿や鈴木武樹が新聞や雑誌に寄せた文章がさらに紹介されている。

 それぞれの生年をネットで調べるとこうなる。

岸田國士  1890年
金関丈夫  1897年
横光利一  1898年
中井正一  1900年
服部之総  1901年
幸田文   1904年
長谷川鑛平 1908年
巌谷大四  1915年
萩原延寿  1926年
井上ひさし 1934年
鈴木武樹  1934年

 確認できている限りでは、みな戦前生まれではある。ともあれ、「字引」との使用比率が少なかったとしても「辞引」の用法がなかったというわけでは決してなく、調べれば調べるほど出てくる類のものだろう。

 著者はそれぞれ著名な人物であり、各作品も文庫化されているものも多く手に取りやすいものである。これを目にした事がないというのなら、それは単に浅学を自慢しているだけではないか。

 間違いや勘違いはわたしだってやるし、そもそも辞書の類における「辞引」の採用率はじっさい低かった。しかし、どのような役職かは知らぬが「図書館のもの」という立場で「誤字誤植」ということを軽々しく言うのはいかがなものか。いまなら少し、ほんの少しだけ調べる手間をかければ、これくらい分かることではないか。この程度でレファレンス云々と言われてはどうすればいいのか。
「ばってんをつけます」とあるが、この人物がわたしの親でも先生でもなかったことこそ喜びたい。

裏読み深読み国語辞書
裏読み深読み国語辞書
タグ:言葉
web拍手 by FC2
posted by すける at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉を調べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする