2016年06月29日

『燃える世界』J・G・バラード

『ハイ・ライズ』公開とそれに合わせての原作の創元からの復刊の前に、破滅三部作のうち未読だった『燃える世界』を読みはじめる。

燃える世界 (創元SF文庫)
燃える世界 (創元SF文庫)

 「時間とは川の流れのようなものだ」というよくある言い回しであるけれど、さまざまな時間SFにおいてもこのような観点は承認されてきた。そして、本作において川の存在は時間の観念と直接結びつけられており、旱魃により川が干上がった世界は、川=時間によって支えられてきたさまざまな基準を人間の世界が失った状態だということになる。
 主人公が当初ハウスボートに住んでいて、旱魃以降ハウスボートにあまり帰らなくなるという描写からも、破滅がはじまる前の主人公と世界との関係性をあらわしているだろう。これはダニエル・ストラックが『近代文学の橋 風景描写における隠喩的解釈の可能性』で宮本輝の『泥の河』から水上生活者の世界の中での存在の不安定さを読み取ったところに、とりあえず対応させて読むことができる。だから逆説的ながら世界の変異後にむしろ世界との関係性の再構築の可能性があったとすら。しかしながら、そのような試みは失敗を続けることになるが。

 この作品ではシュールレアリストの画家であるイヴ・タンギーの絵画”jour de lenteur”(緩慢な日)が言及され、最終章の題にも採られているが、バラードの作品は一度頭の中で絵画に変換するとすんなりと頭に入るところがある。
 それにしても、世界の変容と諸個人の関係性は本作においては混じり合いながらも被膜一枚でなお外世界と内世界に弁別できるところがあるのだが、この後の『結晶世界』においては普通ならアナロジーにとどめる現象をそのまま物質的な水準で描くという力業を示して、こんなものを書いてしまったのではもはや「破滅もの」の続きを書くという気にはたしかになるまいと思わざるを得ない。方法論をすさまじい勢いで高めて明確なゴールにたどり着く過程について『沈んだ世界』や『結晶世界』を再読しあらためて考えてみたくなった。
タグ:バラード
web拍手 by FC2
posted by すける at 20:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

『彼女がエスパーだったころ』宮内悠介

 百匹目の猿、スプーン曲げ、水伝、ホメオパシーなどが発想のもとになっていると思われる疑似科学を題材とした連作短編集。

彼女がエスパーだったころ
彼女がエスパーだったころ

『アメリカ最後の実験』を読んだばかりだと思っていたのだが、刊行ペースが速いなぁ。疑似科学を、とはいうもののその科学的な当否を問うことは主眼ではないことはまず確認されるべきで、そのような期待に応えるための話ではないが、しかしそのような期待を持つ人にこそ読んでほしいかもしれない。いっぽう、前著『アメリカ最後の実験』は「もはや性にも暴力にも動かされない」世界を前提にしていたが、本書では性による突破や一度去勢された暴力衝動の復活などが描かれる。さきの作品で繰り返し唱えられていた前提がどのような認識に支えられているのかを確認する意味でも非常に興味深い作品群である。暴力については「ムイシュキンの脳髄」で、性については「佛点」でとりわけ重みをもって扱われるそれらの試みの大半は結局のところ週刊誌の記事の水準の事件に解消されてしまうのだが、やはり問題はそこでは解消されない何かなのだろう。とくに「ムイシュキンの脳髄」における暴力性の復活の企図は『アメリカ最後の実験』の構想の裏側に密着しているものなので、ぜひあわせて読んでほしい。

 最後の短編「佛点」で、登場人物の多くに自炊する場面が見られたのはよかった。黄もイェゴールも遍歴を重ねた主人公も自分で料理を作るのだ。ちょっとすさんだ精神状態だったところからのリハビリだったと思うのだけれど、わたしには登場人物が自炊するシーンがあるかどうかという興味だけで小説を読んでいた時期があって、そこで面白かったのはクイーンの非シリーズ作品『ガラスの村』だったななんてことを思いだす。本当に個人的なことではあるが、自分で料理できるようになるというのはひとつの回復の基準であるなと。

 この作品が『小説現代』というザ・中間小説みたいな雑誌に掲載されたのはいい感じで、最初に本を開いた時には紙質におやっと思ったんだけど、連載の媒体や内容を考えるとけっこうマッチしているんではないかと。もっと俗っぽく読者に届くバージョンの表紙があってもとか妄想。日本SFと中間小説(という言葉がいまどれだけ通じるのかという問題もあるけど)の関係がいまよりもっと密だったと言えるような時代はあったはずで、それはけっこういいことだったんじゃないか。広い媒体に書き分けながら諸作品の底にある問題意識は一貫したものがあることが見られる宮内悠介の作品は追い続けないといけないだろう。
タグ:宮内悠介
web拍手 by FC2
posted by すける at 08:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

『ノックス・マシン』法月綸太郎

 ここのところややミステリづいたので文庫化された『ノックス・マシン』を読む。『このミステリーがすごい!』や『ミステリが読みたい!』で一位を取った作品であるけれど、ここはカテゴリをSFにしてしまおう。

ノックス・マシン (角川文庫)
ノックス・マシン (角川文庫)

 表題作は「数理文学解析」の研究者である主人公が、二十世紀の探偵小説を取り上げるにあたってのモデルに従来あつかわれていたヴァン・ダインによる「探偵小説作法の二十則」から、政治的な理由もあり遠ざけられていた「ノックスの十戒」を採用するところから始まる。当初は壁に突き当たるが、問題だった第五項の中国人ルールを虚数化して変数に導入するというアクロバティックなアイデアだけでも十分に面白いが、これに量子論におけるコペンハーゲン解釈と多世界解釈との角逐からタイムトラベルの可能性へと展開していく。
 じつに堂々としたほら話だが、ラストのおさめかたがきっちりしているのが古風なSFという印象を強めているだろう。

 続く「引き立て役倶楽部の陰謀」はSF的要素がもっとも少なく、ミステリの趣味が高い。登場するワトソン役にはけっこう知らない名前もあったなぁ。(ワトソン役の)ヴァン・ダインについての「空気のように気配を消して背景に溶け込んでいた」という描写も笑えた。ファイロ・ヴァンスもののいくつかの長編では、三人称神視点だと思って読み続けていた記述から突然地の文に「わたし」があらわれて、お前いつからいたんだと驚いたことがある。山口雅也の短編で同種の叙述トリックがあった気がするけど、ヴァン・ダインの「見えない語り手」という気配の消しかたは別にトリックに奉仕してるわけでもなんでもないところに妙な味がある。これをトリックとして扱うことはヴァン・ダインの二十則的には反則になるんだろう。
 で、物語はまさにその二十則とアガサ・クリスティのいくつかの作品との緊張関係から生じていると言えて、単にキャラクターを集めたパスティーシュにはとどまっていない。作中人物のヴァン・ダインと実在した作家のヴァン・ダインとは別人であることは作中でもあらためて注意を促されているのだけれど、それにしてもヴァン・ダインはやや損な役回りをすることが多いのである。わたしは『僧正殺人事件』とかオールタイムベストに入れてもいいくらい好きなんですけどね。そして、『そして誰もいなくなった』を未読であることを思い出してしまったのだった。

「バベルの牢獄」では「科学技術系の専門用語を文学的なレトリックでねじ曲げある種の隠語として使用する」「ソーカライズ」という記述に笑ってしまって、実際こういう言葉は日本ではあまり認知されていないが、海外では少し使われている節もある。もちろん「ソーカル事件」から発した言葉だろう。
 表題作でも初期の「数理文学解析」の内容について「厳密さに欠ける数学理論の我田引水が目立ち」という文章があり、それはかつて法月氏がクイーンを論じた文章についての反響なども踏まえたものであることが察せられるけれど、しかしこれはSFでだけは有効に働くのだと思いたい。
 SFのアイデアをミステリ好みな暗号で処理した手際も見事なもので、これは山田正紀の隣に並ぶべき短編でないか。

 最後の収録作で、表題作の続編でもある「論理蒸発――ノックス・マシン2」はクイーンの『シャム双子の謎』を取り上げつつ「読者への挑戦」という試みとブラックホールに関する現代的な知見をかさねて扱い、ブラックホールを通じて仰天する方法で国名シリーズの世界への侵入をおこなうという荒業が演じられる。
 SF的な奇想アイデアに、クイーンの作品群という題材をここまで効果的に扱うことが出来るのはまさにこの著者でなければ成しえないだろうという見事な成果であり、また法月氏がこれまでクイーンを論じてきた批評的な蓄積が、創作として対象化されたという意味でも、大きな意味があるだろう。収録作のすべてがレベルの高いすばらしい短編集である。




 
タグ:法月綸太郎
web拍手 by FC2
posted by すける at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする