2016年05月31日

『愛ちゃんを捜して』『ももちゃん がっちゃん』樹村みのり

 浦和の日本茶喫茶・ギャラリー『楽風』で開かれた、樹村みのりさんの「うちの猫は世界一展」に行ってきましたよ。樹村さんのアシスタントをつとめた佐々木淳子さんや夢野一子さんたちも参加して、テーマは猫。となればファンの人は樹村さんの猫マンガを集めた『愛ちゃんを捜して』を思い出すでしょうが、そちらに収録されたマンガではタイミングによりあまり描かれていなかった桃子やがちゃこをあつかったマンガをおさめた『ももちゃん がっちゃん』が同人誌として刊行されており、現時点ではイベント会場でしか買えないというのだからもちろん即買いです。


DSC_0014.JPG

DSC_0018~2.jpg

 さらにミニ原画の販売もあり、とりあえず桃子を買ったのですが初回の訪問では品切れだった乃己子も最終日に二回目の訪問は午前中の訪問でゲット。マンガは猫もののほかにもソノラマで文庫化されていた『菜の花畑のむこうとこちら』と『カッコーの娘たち』も置いてありましたが、最終日には並んでいなかったので売り切れてしまったようです。他の人のレポートを見ると早い日では『冬の蕾』もあったようです。これは現在版元では切らしているようなので、会場にいた樹村さんに増刷されるべき本ですなどと伝えてしまうという。万一のためにと持ち込んでいた『愛ちゃんを捜して』にもサインをしてもらったりあつかましいファンですいません。
DSC_0021~2.jpg


 販売物ではなかったのですが、ジョニ・ミッチェルの肖像なども飾られており、あー、これも欲しいなぁと物欲が。それにしても、樹村さんから直接愛ちゃんや心太の思い出を聞けるとかめちゃくちゃ貴重な経験も出来てしまいました。

 新刊マンガは、まずは桃子。最初の飼い猫である乃己子とその子供たちというコミュニティがすでに形成されているところへ、あとから拾われて樹村さんの家に来た桃子の距離感が悲しいのだけれど、やがて馴染んでいく過程にホッとしてしまう。『愛ちゃんを捜して』では乃己子たちが亡くなったあとに、やってきたがちゃこはすでに大人になり性格が確立していて一対一の関係でもやはり距離感の構築が難しかったようだけれどもやがて、ということで猫との相互理解は大変なのだ。
 そして、一番印象深かったのは外猫だったクロを描いた「クロはいないよ」でした。庭にえさを食べに来るけれど警戒心は解かず、一定以上の距離を近づかせないことが、マンガの中でクロが丸い記号的な線で描かれることの根拠になっていたのだけれど、やがて年老い逃げる体力もなくなってしまったときに初めて樹村さんが抱き上げ、その瞬間にクロの具体的な像が目の前に開かれるという表現のアクセントを味わえます。

 二冊の猫マンガともに、どうしてもさまざまな猫との別れという題材は出てくるのですが、悲しみとともに再生もあるという温かさにあふれています。『ももちゃん がっちゃん』はとりあえずイベントでの販売は終わりましたが、通販での扱いなどまとまらないかなと思いますね。そして、ぜひこのようなイベントをまた開いてほしいものです。

愛ちゃんを捜して
愛ちゃんを捜して

 
タグ:樹村みのり
web拍手 by FC2
posted by すける at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月30日

『花園メリーゴーランド』柏木ハルコ

 生活保護の現場を描いたマンガ『健康で文化的な最低限度の生活』を読んだことで、柏木ハルコの再読熱が高まり、当時連載を追っていた本作から読み直す。

花園メリーゴーランド(1) (ビッグコミックス)
花園メリーゴーランド(1) (ビッグコミックス)

 柏木ハルコはデビュー作の『いぬ』のころから読んでいて、本作も頭のいい人だなと思いながら読んでいたのだけれど、当時は舞台設定の違いに惑わされて、この作品が『いぬ』と地続きのテーマを扱っていることにはっきりと気づいていなかったように思う。そして、舞台を変えてきたこと自体が作品の大きな狙いだったわけだけれど。
『いぬ』も『花園メリーゴーランド』も、恋愛感情と性欲が特定の相手の中で一対一対応するという倫理にゆさぶりをかけられる男子というものがテーマになっていて、『いぬ』においては都会の大学生活という日常に近い舞台の個人的な関係の中で生じる物語として描かれていたが、『花園メリーゴランド』では柤ヶ沢という集落に迷い込むことで環境そのものに性観念をゆるがされるようになっている。ここでは最終巻に参考文献として赤松啓介や群逸枝、岩田重則などが挙げられているように民俗学的な知見が援用されていて(岩田は最終巻に解説も寄せている)、『いぬ』において提示されたテーマの根拠を民衆のかつての生活の中に見ようとする著者のアプローチが、非常に知的に構築されたものだとうかがうことが出来るのだ。

 物語のきっかけが、主人公の少年、相浦くんが、ふとしたことから先祖に伝わる名刀「烏丸」の存在を知ってそれを手に入れようと田舎を目指して出発する形を取っていることも、通過儀礼をやりますという冒頭での宣言であり、作品が向かう方向を明らかにしている。立派な刀は明らかに暗喩であり、相浦くんはダメな自分に烏丸という名刀は相応しくないのではないかという疑念を持ちつつ「烏丸を手に入れれば自分が変われるような」気がして、だからこそ手に入れたいと思う。このことは村の女性たちに遊び半分?にズボンとパンツをおろされて性器をむき出しに見られたあげくその大きさ(小ささか)を哄笑されるという年ごろの少年にとって屈辱的な経験をすることとも対になっている。

 柤ヶ沢の設定も絶妙なもので、たしかに現代の一般的な風俗と離れた慣習を持ってはいるが、社会と隔絶しているわけではなく、バスも通ればテレビも見るし、ヒロインとなる少女、澄子はブルーハーツのファンでもある。この十代の少女として当たり前の感性と、村の慣習に基礎づけられた性観念が澄子の中に分離しつつ同居もしていることが物語を動かすひとつの因ともなっており、彼女もまた村の通過儀礼によって変化を強いられてゆく。
 それにしても、同じ年頃の少年相浦くんとブルーハーツという共通の話題で盛り上がって、野音のライブビデオはこの辺田舎だから売ってなくてと恥じらい、あとで送るよと言われて「楽しみ」と表現できる澄子の可愛さよ。思春期の振幅の大きい言動は物語を通じて相浦くんを困惑させるものであったけれど、終盤53話「宇宙の入り口」であらわされる、彼女の中にある混乱をそのままぶつけた感情の発露は圧倒的なもので、物語の中でアンチテーゼにより揺るがされ続けてきた恋愛の意味が再び強く競り上がってくることになる。

 相浦くんは最終巻において、柤ヶ沢の表向きではないほんとうの祭りの夜についに刀を振るい成長を遂げていく。週刊連載ということでいろいろ制約や困難はあっただろうと思われるけれども、冒頭からラストへ向けてゆるぎない構成のもとに描かれた本作は通過儀礼テーマの傑作として記憶されるべきだと思う。そして巻き込まれた形とはいえこうした民族的な儀礼が少年を成熟させるときに、近代の社会がそれに代わるどのような(性的な側面も含めた)成熟に至る道筋を提示できるのかという困難さについても少し考えるのだった。


花園メリーゴーランド(4) (ビッグコミックス)
花園メリーゴーランド(4) (ビッグコミックス)

花園メリーゴーランド(5) (ビッグコミックス)
花園メリーゴーランド(5) (ビッグコミックス)
タグ:柏木ハルコ
web拍手 by FC2
posted by すける at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

『デビルマンG』高遠るい 

 言わずと知れた永井豪『デビルマン』を原案に、素材を大胆に再構成したリメイク作品が全五巻で完結。

デビルマンG 1 (チャンピオンREDコミックス)
デビルマンG 1 (チャンピオンREDコミックス)

 明と美樹(アキラとミキ)が不良にからまれて、了に助けられるのは、明をデビルマンへいざなう重要な場面だけれど、本作ではからんでくる不良の中に、テレビアニメ版デビルマンの飛鳥了バリエーションと言っていい氷村巌≒火叢アスカが紛れ込んでいる。これだけで、原作とはずいぶん違う展開になることが予想される。早い時点でヒムラーを出してきたことは、今後も飛鳥了を出さないという強い意志のあらわれだろう。了が出ると、物語がすべて明と了との間の関係に還元されてしまうので、彼を排除することはリメイクに当たって必要なことだったと思われる。なお、かっこで括ったように、元になったキャラの名前もオリジナルとは違っている場合があるので注意。

 それでは明の変化はどのように起こるのかというと、魔女気取りの痛いミキちゃんが悪魔召喚の手続きを行った結果のアクシデントとして。ここで原作終盤のセリフの順番がシャッフルされて「魔女じゃない、魔女じゃ……」という力ない否定の言葉から、「わたしは魔女よ、なめるな!」と逆転していく。この改変は、少女を生贄に捧げたりしないという著者の言葉をストレートに反映したものだろう。あ、ここにミーコのズベ公仲間の三人組が絡んでくるんだけど、基本的にキャラクターデザインは豪ちゃん準拠の本作で、この子たちだけヘアスタイルを残しながらもそれなりに可愛くデザインし直されてるのが面白い。性格も変わってるんだけどね。

 一方、召喚されたアモンが不動アキラの体を支配したという形になっているこの関係はアニメ版に近く、設定部分に関しては、永井豪マンガ版(原作とは言わない方がいいだろう)を絶対的に準拠するオリジナルとしては扱わないという姿勢も特徴的だ。

 中盤で大柴ソウスケ(壮介)が登場していた『魔王ダンテ』の要素も、終盤からは物語是の根幹に関わるほどに強く入ってくる。空宜リョウ(宇津木涼)は本作ではダンテではなくゼノン様の姿を取るのだけれど、アキラをさしおき、彼がデビルマン軍団を率いてデーモンと戦っていく姿には興奮を抑えきれず、ひょっとしたらありえたかもしれない『魔王ダンテ』を見せてくれる。

 そして、さまざまな永井豪作品から無節操と言えるほどに要素を取り込んでリミックスした本作だけれども、魔法少女からデビルマンの魔法剣士へとクラスチェンジしたミキが平手美樹として物語に決着をつけるまで、所期の目的を貫徹した展開は見事なもので、『デビルマン』というハードルのあまりにも高すぎる困難な原作のリメイクに成功したと言えるだろう。

 というわけで、作品に投入されてる情報量が多すぎて、全然感想がまとまらない。一巻出るごとに書くべきだったかなーとちょっと後悔。キャラ語りに入らせてもらうと、『バイオレンスジャック』の用心棒の先生がチョイ役で出てきたのが嬉しいところ。戦死するのだったら、ユリ姉は炎に包まれながらがよかったかなぁ。ミーコが幸せになる結末というのはよかったですね。あと、メリケン錠ファンも必読の展開がありますよ。一方では知らない元ネタも多くて「闘神デビルマン」とか「デビルマン戦団」とか知りませんでしたよ。有名キャラではサイコジェニーが美味しい役どころでしたね。あと、アグウェルの活躍も多いですな。

 デビルマンの二次創作的な作品では、準拠するマンガ版のサイドストーリーや後日談という形を取りながらも、マンガ版の存在のあまりの大きさから、肩に力が入りすぎているように見受けられるものも少なくない。しかし、本作は不謹慎と言われるかもしれないレベルまで個別の要素にばらしてからの再構成を試みており、しかもそれが要素のみのパロディに終わらず、全体の構想にのっとっておこなわれているあたり、最近の若い人は頭がいいなぁと感心しました。こういうアプローチがありうるのか。原典のファンにこそ読んでみてほしい作品です。そのことで、あらためて『デビルマン』というマンガの途方もない力を再認識できると思うんだよね。

デビルマンG(4) (チャンピオンREDコミックス)
デビルマンG(4) (チャンピオンREDコミックス)

デビルマンG 5 (チャンピオンREDコミックス)
デビルマンG 5 (チャンピオンREDコミックス)
タグ:永井豪
web拍手 by FC2
posted by すける at 09:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする