2019年03月15日

『史記世家』司馬遷

『史記』列伝を読み終えることができたので、世家に移る。自作年表を作りながらだったので、ずいぶん時間がかかったが、とはいえ、世家はある程度編年体的な性格があるので、春秋時代の動きはだいたい頭に入ってきた。



『史記世家』においては、なぜ「呉太伯世家」が巻頭に来るのか、比較的辺境で、中原からは重要度が低いとも言える呉が、という疑問があったのだけれども、「周本紀」を読んである程度納得できたというか、周文王の父である季歴に国を譲った太伯・虞仲の兄の建てた呉で、やはり兄弟間で国を譲ろうとしあう季札のエピソードが直線的ではないが反復を示して、周の血縁である世家春秋編の性格を示しつつ、その季札が、外交の過程で各国の音楽を聴くことを通じて同時代の政情を評したり、戦国時代の開幕となる晋の崩壊を告げる預言者的な役回りを演じている。これが「呉世家」の巻頭における目次としての役割だと思うと腑に落ちる。「呉世家」伍子胥だけの話ではないと。




「趙世家」で武霊王の胡服採用に司馬遷が紙幅を割いているのはけっこう重要で、春秋時代の特徴としてしばしば言及される「騎兵はいない、馬はあくまで戦車を引く」という時代が終わって、騎馬から直接弓を引く機動力重視の戦争スタイルが採用されていくようになる。春秋と戦国の時代区分については、いくつか基準があるけれど、戦争の性格の変化も一つの基準だろう。趙は異民族と境を接していたことで変化できたんだけど、戦国時代に秦が強勢を誇ったのは、他の戦国の国々を東に置いていたと同時に、西の国境を匈奴と争っていた にもかかわらず/だからこそ かとも考える。
 このスタイルの変化は「春秋に義戦なし」と評されつつも、戦後処理に甘いところもあった春秋から苛烈な戦国時代への変化との関連も想起させられるだろう。

 「魏世家」での信陵君の発言「秦は夷狄と同じ風俗」は秦を貶める意図のものだけれど、同時に秦の強さを暗示しているような気もする。匈奴の風俗と法家的改革。魏も戦国時代を告げる新しいプレイヤーではあったのだけれど。


 構成としてみてみると、第一「呉世家」から第一二「鄭世家」までが春秋期から戦国末期までのスパンを持つ国であり、一三から一六まで、趙魏韓に田斉と戦国期に端を発する国を扱う。ここからは武田泰淳の受け売り感が強くなるが「孔子世家」が春秋戦国の国の枠組みを越えた意味での思想を表して、構成的には異質なものとして差しはさまれ、また「陳涉世家」も、周につらなる王族としてのなんらかの起源をもつ春秋の「世家」世界像に対して「王侯将相寧んぞ種あらんや」という形で攻撃を加える。陳勝が列伝でなく世家に立てられる理由は多分ここにある。このあとに入るのが「外戚世家」という皮肉も強烈だ。

 このあとの世家は、もはや群雄という感じはなくなり、漢の忠臣、代々の功臣という立ち位置でのみ永らえるという形である。統一秦への反乱には、戦国の裔も少なからず参与していたけれど、こうした反秦勢力が秦以前の政体に戻れるわけではなく、呉楚七国の乱の鎮圧あたりでこの欲望は一度潰える。
 ただ、「留候世家」に見られる、秦に滅ぼされた戦国各国の子孫を王に迎えて、劉邦はその盟主として楚と対峙するという酈食其の策が、最終的に張良の激しい論難にあいひっくり返されるあたりのくだりは、まったくの愚策というより、今後の世界像についての対立と思われる。酈食其の策が中途半端にあたり、歴史の針を逆に戻すということはありえたはずであり、そうした群雄諸国という世界こそが想起しうる世界像だという人々は必ずしも少なくなかっただろう。こうした世界像が一度提起される必要はあったし、そうした処理を張良のような人物がひっくり返すというのが歴史の転換点というものだろうか。

 こうしたことが見えてくると、後漢において曹操が魏王になることの危険性も少し分かってくるかもしれない。曹操本人の問題もありつつ、こんなことを言いだすのが他にも出てきたらどうするんだという。

 そういうところまで見えてきて、やっと「秦本紀」が射程に入ってきた気がする。





タグ:春秋時代
web拍手 by FC2
posted by すける at 20:59 | Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

『陋巷に在り』酒見賢一

 我ながら分かりやすいとは思いつつ、結局『雷子』を起点に春秋時代に回って『論語』を写すという展開から『陋巷に在り』をちと読み始める。『墨攻』しか読んでなかったころは酒見賢一についてけっこう手堅いイメージを抱いていたのだけれど、『泣き虫弱虫諸葛孔明』の史料の扱い方はかなり自在なものがあったので、歴史小説には普段あまり心が動かない方なのだけれど続けて。




 本書については呪術大戦だというような評も多いんだけど、1巻のクライマックスは顔回が父親の代わりに下級の士の葬礼を取り仕切るところではないだろうか。
 それにしても孔子は原始的な儒礼が技術として形骸化するとことからの革新を図る人物として描かれているけれど、さてそれ自体の頽落はと問われるのはまだ早いだろうか。エンタメでの天真爛漫な儒教批判については『史記』について書いたときに触れていて、こういう時に儒家を主人公としたエンターテイメントは解毒剤としても価値があるかもしれない。

 小説本編でも書かれていたように、『論語』も対話篇で、Aにはx、Bにはy、両方の問答を聞いたCが言ってること違いませんかと聞いて、「相手によって変えたんだよ」という謎解きをするという親切なエピソードを入れてくれてるのは、これちゃんと手の内見せたから油断するなよということであって、xのまま、あるいはyのままに投げ出されたテキストもある可能性が示されているとすれば、その答えを引き出したのはAだったのかBだったのか、別の誰かだったのかという問いはありうるだろう。
 ここに孔子の弟子がそれぞれ『史記』において伝を立てられることの意味もあるというものであり、そこから本書の主人公、顔回が作家の空想を経て立ち上がってくるということでもある。最後まで楽しみに読んでいきたい。


web拍手 by FC2
posted by すける at 02:15 | Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

『史記列伝』司馬遷

『雷子 紺碧の章』から始まる春秋戦国時代への関心で『史記』を読み返すかと書棚を見る。岩波文庫の『史記列伝』が飛び飛びなのは、引っ越しで散逸したのではなく、そもそも興味ある巻しか買ってなかったからだった。楚漢の争いと、「刺客列伝」「遊侠列伝」を含んだ巻があるから、どうもそんな買い方だった気がする。趣味的読書の限界感。というわけで欠けていた一巻と四巻を購入する。


 巻頭の「伯夷列伝」が決定的だ。司馬遷は、徳を修めながら餓死に追い込まれた伯夷叔斉について「天が善人に対する報いとは、いったいどんなことなのか」と嘆きつつ、「もしかすると天道と言われるものがただしいのか、ただしくないのか」という決定的な疑問を投げるに至る。
 『史記』もテキストクリティークは複雑らしく、必ずしも原本において「伯夷列伝」が列伝の巻頭にあったかを確認するのは難しいという話もあるようだけれど、やはりこれは誰が見ても決定的に司馬遷が自分自身のことを語っていて、『史記』全体を通貫する視点だろう。しかし「もしかしたら」とは恐ろしい言葉だ。

 ここから「老子・韓非列伝」で説難篇をかなり長く引用する意図も明らかになるだろう。人の世にあって徳操を保った伯夷がその酬いに餓死し、権力者の前であやつる言葉の困難さを十分に知悉していた韓非子が横死を避けられなかった時にむき出しになる天と人との裂け目のあいだに歴史記述があらわれる。これは紀伝体の形式を取るしかない。編年体に再構成したら思想が死んでしまう。

 それにしても一巻は孫子や伍子胥を外せば、秦を中心としつつそれにあらがう周辺の諸国という絵が、最終的には秦にまとまっていくという流れが見える巻である。縦横家の弁論や、戦国四君(平原君は「フフフ…奴は四天王の中でも最弱…」が似合う男……」)といった多彩な人物を交えつつ、商鞅以後の法家的改革を採用した秦の軍事力の拡大を、何度かチャンスはありつつも止めることが出来ないというあたりにドラマがあります。合従による対秦統一戦線は、それを支える根拠が秦の強大さによるものだというジレンマのため、どこかで崩れてしまう。

 とはいえ、最近はエンタメでも左右問わず割と法家を現実主義として称揚する一方でカジュアルに儒教批判というのが採用されてる印象があり、『蒼天航路』なんかでも、ある程度両義的に描かれてはいても究極排除の対象感。まあ、あれは曹操視点なのだけれど、読者が無点検で同化するものかというと疑問はある。
 商鞅の法家的改革のあと、曲折はあれ群雄割拠する戦国時代で優位をキープし続けた秦が、しかし統一後から帝国成立15年、法に追いつめられた農民の衝動的な反乱を端緒に瓦解するというところ、法家が法の恣意的な行使を止める論理を最終的に内在化できないところで法匪を生むような時、倫理はとりあえず外部から借りるしかないのではないのかと。
 李斯が同門だった韓非子を陥れるために用いた「法律を度をこえて適用し誅されますのが第一でございます」という言葉が、法家による国家のただなかで吐かれたことが韓非子の列伝の中に記されていることの意味は、物語の中で都合よく区切られるよりも射程が長いだろう。

 また四巻では、李広や衛青以上に、匈奴、南越、東越、朝鮮、西南夷列伝あたりがありがたく、とりわけ「西南夷列伝」が三国志的な興味でも結構面白い。夷扱いされていた時期に漢に目をつけられたのがクコの実の醤がきっかけとか、バクトリアと蜀の商人の交流が見られるという示唆とかから、最終的にこの地が益州としてまとめられるというあたり、商人の往来が盛んであるという「三都賦」につながっていく蜀の風俗描写にもずいぶん落とし込める気がするし、中原からの辺境という蜀の地が、あんがい国境を越えた商人の往来の盛んな地域であったということが読み取れるのだ。



タグ:春秋時代
web拍手 by FC2
posted by すける at 17:28 | Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。