2018年09月16日

『遊佐未森』(EXCEED PRESS POP CULTURE SERIES)ストレンジ・デイズ編

99年の刊行だけど気づいてなかった。プログレッシブロックに強いストレンジ・デイズの編集なので、内容はしっかりしている。

遊佐未森 (EXCEED PRESS POP CULTURE SERIES―MUSIC)
遊佐未森 (EXCEED PRESS POP CULTURE SERIES―MUSIC)


 初期アルバムの強力なコンセプトの構築力と、その反面のアーティスト個人に対する拘束力のからみを、アルバムの変遷たどりながら検証しているのは、一読の価値があると思う。コンセプトに対しては、いまちょっと正確に引用できないのだけれど「オレは結局コンセプトを通じてしか音楽について語ることが出来ない。本当は音楽が嫌いなのかもしれない」という富田陽一郎の『おしゃれ制服向上委員会』での言葉につらなる忸怩たる思いがわたしにはずっとある。アルバムによって打ち出された強力なコンセプトは非常に魅力的な世界観を堪能させてくれる一方で、アーティスト自身をその世界の一つのコマとしてしまう、そういう世界がお前は好きなのではないのかという懸念をぬぐいきることは難しい。
 ここでは、ファーストアルバム『瞳水晶』において自身のソングライティングがなかったことについて評価が留保されていたことの指摘や、サードアルバム『ハルモニオデオン』が、その圧倒的な完成度のゆえに「オーバープロデュースではないか」という疑問が提示されたことも述べられている。こうした批判には一定の根拠があると考えると同時に、その一方でやはり遊佐未森でわたしが好きなのは外間隆史プロデュース、工藤順子作詞という時期であるというジレンマがある。

 とはいえ『ハルモニオデオン』でひとつのピークを迎えてからオーストラリアでレコーディングが行われた『HOPE』からソングライティングの比重が増え、5枚目のアルバム『モザイク』で外間隆史がプロデュースから外れ、代わりに遊佐自身がそこに名を連ねるという展開を果たす。別に決裂したというわけではなく、外間はその後も要所でアルバム作成に関わり続けるが、この段階で遊佐未森をコンセプトの1ピースと見ることはもう出来ないだろう。
 本書は各アルバム内の楽曲の評価にとどまらず、アルバムごとの意味とアーティストの成長を追うというしっかりした作りになっており、遊佐未森の中間地点を概観するために非常に見通しの良い視座を提供してくれる。


瞳水晶
瞳水晶

空耳の丘
空耳の丘

ハルモニオデオン
ハルモニオデオン


web拍手 by FC2
posted by すける at 00:24 | Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

『馬場こずえの深夜営業』から『オーディナリーミュージック』へ

 カジヒデキと曽我部恵一がDJを選んで一時間まかせる、土・日曜深夜4時〜5時のTBSラジオの音楽番組『オーディナリーミュージック』12月18日分の放送は小西康陽が担当だったのだけれど、30分くらいのトークで『馬場こずえの深夜営業』にちょっと触れていて、この番組については去年の「SOUND AVENUE 905」をやっていた時にもフリーペーパーで言及してたんだよね。「深夜営業」の放送時間は土曜深夜の3時〜5時で、番組のBGMも流用しながら。なるほどこれはここの選曲だけではなく、番組公式のツイッターアカウントがリアルタイムで聴いてほしいという意味があるわけだと。

CaShFGVUsAAF6ra.jpg





『SOUND AVENUE 905』は「905」というタイトルからもワイドFM化を意識した音楽番組という印象が強かったんだけれど、佐野元春や小西康陽といったDJが記事で言及していたのは林美雄や糸居五郎、馬場こずえとかのAM深夜放送型DJだったことが興味深かった。その意味では、今回の『オーディナリーミュージック』は、小西康陽が去年語っていたことを、本来的な時間帯の中で実現した回だったと言えるかもしれない。

 わたしの方は小西の発言で「深夜営業」という番組を初めて知ったのだけれど、ファンの方がまとめた情報などを見るとけっこういい選曲をしている。「深夜営業」は歌謡曲路線の『歌うヘッドライト』にゆずる形で終了した『パックインミュージック二部』が終了した後の、たった一人の延長戦のようなものだったらしい。リスナーがまとめたプレイリスト見ると、パック二部最終回とかニール・ヤングのぶち込み方がすごいことになっている。深夜放送DJの路線としては林美雄の方向性だろう。

 それにしても『馬場こずえの深夜営業』って最近までまったく知らなくて、まあ75-78年の放送だったらしくさすがに小学生にもなっていないのではリアルタイムでも聞きようがないけど、『パックインミュージック』なら名前くらいはラジオを聴きはじめてすぐに知ることになるので帯の力は大きい。そういう意味では多分わたし以降の世代には知識としてあまり伝わってないんだけど、聞いてる人それぞれには直接に大きな影響を与えていたんだろうというDJや番組が、時代をはさんでふと立ち上がってくる時間でした。人から人に伝わったものが、また人を介して伝わってくる。歴史があるのはいいものだと。

















1974年のサマークリスマス 林美雄とパックインミュージックの時代
1974年のサマークリスマス 林美雄とパックインミュージックの時代

パック・イン・ミュージック 昭和が生んだラジオ深夜放送革命
パック・イン・ミュージック 昭和が生んだラジオ深夜放送革命

もう一つの別の広場―深夜放送にみる青春群像 (1969年)
もう一つの別の広場―深夜放送にみる青春群像 (1969年)
タグ:ラジオ
web拍手 by FC2
posted by すける at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

ポール・カントナーへの追悼

 1月28日にジェファーソン・エアプレイン/ジェファーソン・スターシップのポール・カントナーが亡くなりました(ローリング・ストーン記事)。

 とりあえず気が付いた範囲での追悼の言葉をまとめてみました。直観性からツイートを貼り付けていますが、しばしばツイート内にフェイスブックやブログ等の長文へのリンクがあるので、ぜひそちらに飛んで原文を読んでみてもらいたいと思います。

 まずヨーマ・カウコネンから。




 確執もあった仲でしたが、自分たちの関係をハインライン『異星の客』より「水兄弟」にたとえていて涙が出ます。ヨーマが『異性の客』から「水兄弟」を引くのは、Jefferson Airplaneも歌ったデヴィッド・クロスビーの楽曲’Triad ’からの流れです。動画には1996年の"Embryonic Journey"を。最後にポールと握手する姿が……。




 ジェファーソン・スターシップの女性ボーカル、キャシ・リチャードソンからポールの葬儀後のツイート。


 動画はポール70歳の誕生日の"With A Little Help From My Friends"をダービー・ゴールドとのツインボーカルで。


 そして、やはり晩年のポールを支えてくれて、ジェファーソン・スターシップの2012年来日公演でも活躍してくれたジュード・ゴールドからの画像。




 マーティ・バリンです。さすがに長年の盟友だけあって、'devil's advocate'というポールの扱い難い性格について触れながらも、最後には。




動画は15年の"Good Memories"




 最後に、これはわたしにとってはちょっと盲点だったスターシップのミッキー・トーマス。わたしはジェファーソン・スターシップというのはポール・カントナーの個人プロジェクトだという史観の持ち主なので、ミッキー・トーマスについては無に等しい存在としか思っていないところがあったのだけれど、意見の相違の存在を認めて、ついに関係が決して修復しなかったとしながらも故人を悼む意思を表明できる人かと認識したのでした。



 
 最後の輝きと言える『Jefferson's Tree of liberty』のナンバーや、Jefferson Airplane初期のヒットアルバム『Surrealistic Pillow』を完全再現したステージを生で見れたのだから、遅れてきたファンとして、わたしは随分好運だったと思う。ありがとう。

フライ~ジェファーソン・エアプレイン・ストーリー [DVD]
フライ~ジェファーソン・エアプレイン・ストーリー [DVD]

Good Memories
Good Memories

Surrealistic Pillow
Surrealistic Pillow

Jeffersons Tree Of Liberty
Jeffersons Tree Of Liberty
web拍手 by FC2
posted by すける at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。