2017年01月30日

『1974年のサマークリスマス 林美雄とパックインミュージックの時代』柳澤健

 パックインミュージックには間に合わなかった世代なのだ。ラジオ聞くようになった小学校高学年のころにはすでに終わってた。ナチ・チャコは文化放送の夕方の番組で聞いていて、「この二人は深夜にTBSでやっていたんだ」と親に聞かされて、そうだったのかというくらい。わたしのころには深夜と言えばオールナイトニッポンが、絶頂期というと上の世代に怒られそうではあるが、二部に伊集院光があらわれたころである。ニッポン放送の圧勝という感じであり、TBSが互角に張っていた時期というのは感覚的にはピンと来なかった、そんな時期。
  しかしながら、先日馬場こずえについてちょっと調べたところから遡行する興味で、パックインのDJの中でも名前の挙がることの多い林美雄について読んでみた。

1974年のサマークリスマス 林美雄とパックインミュージックの時代

 冒頭の視点は林ではなくリスナーたち、そして彼らが林の『パックインミュージック』が終了することを知ることから始まる。最後のプログラムがあらかじめ明示されている構成である。入社後の描写では、まず若手アナウンサーが任されたという『朝のひととき』で、林が同期の宮内鎮雄を「お前の選曲には捨て曲がない」と批判したというくだりは面白い。その後人気DJとなる強烈な自負心がほの見える。林は入社前には池袋の喫茶店でDJのバイトをやっていたというのだが、そんなバイトが一喫茶店で成立するというのがなんというか余裕があった時代だという感じである。

 パックイン本体に関しては伝説レベルのデビュー直後のユーミン関連のエピソードが当然多く取り上げられてるんだけど、山崎ハコ登場時の話なんかもあって、そのときに「橋向こうの家」とかも歌ってるんだとか。ああ、それは聞きたい。

パックインがやはりメインなのでその後のことはサラッと触れられているだけだけど、林美雄が編成として関わった『スーパーギャング』で、月曜に起用した景山民夫には期待かけてたんではないかとわたしは推測していて、しかし特に立証できるような材料はないので直感でしかないのだけれど。
 ここで冒頭部分が聞ける『スーパーギャング』オープニング曲だった、景山の歌う「やつらを喋りたおせ」は、シャレの雰囲気をまとわせながらも、冒頭の「Speak out!」連呼になにがしかの深夜放送という、フリースピーチのメディア、カウンターカルチャーの残り香を感じてしまうのは、わたしの個人的な迷妄であってもいいのだが。林も景山も体を張った「闘争」には間に合わなかったり狭間にいた世代という引け目を引きずっていたという指摘はありうるのかもしれない。

 『パックインミュージック』は『オールナイトニッポン』に押され、ビートたけしにとどめを刺されたというのが一般的な結論になるのは妥当だろうが、林美雄に関しては本書にさらっと書いてある「サブカルチャーの水先案内人である以上、常に新しい若者文化を知っておかなければならない。林美雄は少女漫画やアニメーションを扱おうとしたが、最初から最後までうまくいかなかった」というあたりが後々のことも考えると大きいことでないだろうか。『パックインミュージック』において、これまで映画や音楽の方面でつねに新しい感性を発掘してきたが、キャリアの長くなりつつあった林と、新陳代謝で更新されてきた若いリスナーとの感性の齟齬がはじめて顕在化するのが『宇宙戦艦ヤマト』の劇場版であるというのは、いろいろ示唆的であり、カウンターカルチャー、サブカルチャー、オタクカルチャーという文脈のある断絶を身をもってあらわしているようだ。

 苦い話もあるのだが、深夜放送のDJを通じて様々な映画を知り、DJとリスナーとのつながりを越えてリスナー同士が「深夜映画を見る会」を作り、やがてリスナーの共同体が出来ていくさまはラジオの、深夜放送の「媒介」としての機能を見せてくれる。それはサマークリスマスなどのいくつかの祭りを経て緩やかにほどけていくのだが、それが通過儀礼を経るということのはずだ。深夜放送がこのような役割を果たせた時代にいた人たちのことを、少しうらやましく思う。そして、コミューンは決して消えたわけでもないようだよ。
荻大ノート

もう一つの別の広場―深夜放送にみる青春群像 (1969年)
もう一つの別の広場―深夜放送にみる青春群像 (1969年)
タグ:ラジオ
web拍手 by FC2
posted by すける at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』ギャレス・エドワーズ監督

 本編である『スター・ウォーズ』シリーズはこれまで一作も見たことがなかったのですが、スピンオフの位置づけであるという本作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』については、ツイッターのTL上に流れてくるいくつかの言及を読んでみて、これならわたしにも見ることができるのではないかと思うにいたり、年末に劇場に足を運びました。



 結果は正解。最低限の知識として劇場版第一作である『エピソード4/新たなる希望』は見ておくべきという話も事前に聞きましたが、これをスルーしてもなんとかなりました。

 予告編を見ていた時点でカメラワークがおそらくはスター・ウォーズ本編とは性格が違うものだろうということは予測がついたのですが、カメラワークが違うということは、作品全体を貫く論理が違うものだということで、戦争映画に近いカメラワークは、英雄的なキャラクターとしての特権を持っていない、死にやすい身体をもった普通の戦士たちが担った闘いを描いた『ローグ・ワン』の物語としっかりと対応するものだったと言えるでしょう。

 こうした差異は、スター・ウォーズの根幹をなすフォースの作品内での扱いにも関わることで、ジェダイの騎士の存在しない、フォースの顕現しない本作においてこそ、結局のところ物理的な現象に還元されるような便利な超能力、ではなく、ドニー・イェン演ずるチアルートが提示したような、信仰の物質的な基盤が失われた場所において信仰するという、そうしたフォースというものがスター・ウォーズ世界での凡夫にとってどのような意味を持つのかということが初めて問われたのではないでしょうか。わたしが『ローグ・ワン』ならば見れるかもしれないと推測したのはこのような機微があったからでした。
 単体で動かせばややファナティックに見えかねないチアルートの横に懐疑的な姿勢を保つ友人ベイズ(チアン・ウェン)を配したことも、セオリー通りに効果的で、チアルートのフォース信仰はベイズによって常にチェックを受けつつ、最終的にベイズをも動かしていくという形で、より多層的に描かれていきます。

 最終決戦に挑むローグ・ワンチームでは個人の名前も初見では分からないままの成員もいましたが、それでも彼らについてのキャシアン・アンドーの言葉から、輝かしい反乱の指導者たちの影で、大義を支えに汚れ仕事を引き受けてきた経緯と、それゆえに上層部が大義を捨てようとするときにももっとも汚い仕事に手を染めてきた彼らこそが降伏を肯んじえないという「三軍も師を奪うべきなり 匹夫も志を奪うべからざるなり」という姿が見えてきます。
 登場人物についての描写不足は言及されるようですが、基本的にはこのように過去を推測するセリフがはさまれていて、おおむね想像の余地があるように描かれています。やや残念なところとして、登場人物同士の繋がりがありそうな部分は直接言及されるようなシーンがあってもよかったのではというところは実際あり、特にリズ・アーメッド演じる脱走パイロットのボーディーについては、帝国を離脱するに至る前に、主人公ジン・アーソの父である科学者ゲイレンとどのように接触していたのかというあたりの経緯はもうちょっと見てみたいところでした。ただそれも全編の価値を損なうことのないわずかな瑕疵に過ぎません。
 この作品が『新たなる希望』のわずかな時間の前で終わっている外伝的作品ということは前提としても、たしかに一つの作品として『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は独立した価値を備えています。そして、ネット上ではこの作品に「続編」があることを知らない鑑賞者についての言及がときおり見られますが、それはまったくのあたらしい観客をより広大なスター・ウォーズの地平へ導くことの可能性であるのでしょう。そしてわたしは、ローグ・ワンのメンバーたちの成したことを引き継ぐべき「ルーク・スカイウォーカーとはどんな人物か」と聞きたいのです。
 あ、ジンを演じたフェリシティ・ジョーンズはじつにイギリスっぽい可愛さでしたね。


ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]


アート・オブ・ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
アート・オブ・ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
web拍手 by FC2
posted by すける at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

『馬場こずえの深夜営業』から『オーディナリーミュージック』へ

 カジヒデキと曽我部恵一がDJを選んで一時間まかせる、土・日曜深夜4時〜5時のTBSラジオの音楽番組『オーディナリーミュージック』12月18日分の放送は小西康陽が担当だったのだけれど、30分くらいのトークで『馬場こずえの深夜営業』にちょっと触れていて、この番組については去年の「SOUND AVENUE 905」をやっていた時にもフリーペーパーで言及してたんだよね。「深夜営業」の放送時間は土曜深夜の3時〜5時で、番組のBGMも流用しながら。なるほどこれはここの選曲だけではなく、番組公式のツイッターアカウントがリアルタイムで聴いてほしいという意味があるわけだと。

CaShFGVUsAAF6ra.jpg





『SOUND AVENUE 905』は「905」というタイトルからもワイドFM化を意識した音楽番組という印象が強かったんだけれど、佐野元春や小西康陽といったDJが記事で言及していたのは林美雄や糸居五郎、馬場こずえとかのAM深夜放送型DJだったことが興味深かった。その意味では、今回の『オーディナリーミュージック』は、小西康陽が去年語っていたことを、本来的な時間帯の中で実現した回だったと言えるかもしれない。

 わたしの方は小西の発言で「深夜営業」という番組を初めて知ったのだけれど、ファンの方がまとめた情報などを見るとけっこういい選曲をしている。「深夜営業」は歌謡曲路線の『歌うヘッドライト』にゆずる形で終了した『パックインミュージック二部』が終了した後の、たった一人の延長戦のようなものだったらしい。リスナーがまとめたプレイリスト見ると、パック二部最終回とかニール・ヤングのぶち込み方がすごいことになっている。深夜放送DJの路線としては林美雄の方向性だろう。

 それにしても『馬場こずえの深夜営業』って最近までまったく知らなくて、まあ75-78年の放送だったらしくさすがに小学生にもなっていないのではリアルタイムでも聞きようがないけど、『パックインミュージック』なら名前くらいはラジオを聴きはじめてすぐに知ることになるので帯の力は大きい。そういう意味では多分わたし以降の世代には知識としてあまり伝わってないんだけど、聞いてる人それぞれには直接に大きな影響を与えていたんだろうというDJや番組が、時代をはさんでふと立ち上がってくる時間でした。人から人に伝わったものが、また人を介して伝わってくる。歴史があるのはいいものだと。

















1974年のサマークリスマス 林美雄とパックインミュージックの時代
1974年のサマークリスマス 林美雄とパックインミュージックの時代

パック・イン・ミュージック 昭和が生んだラジオ深夜放送革命
パック・イン・ミュージック 昭和が生んだラジオ深夜放送革命

もう一つの別の広場―深夜放送にみる青春群像 (1969年)
もう一つの別の広場―深夜放送にみる青春群像 (1969年)
タグ:ラジオ
web拍手 by FC2
posted by すける at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする