2016年06月29日

『燃える世界』J・G・バラード

『ハイ・ライズ』公開とそれに合わせての原作の創元からの復刊の前に、破滅三部作のうち未読だった『燃える世界』を読みはじめる。

燃える世界 (創元SF文庫)
燃える世界 (創元SF文庫)

 「時間とは川の流れのようなものだ」というよくある言い回しであるけれど、さまざまな時間SFにおいてもこのような観点は承認されてきた。そして、本作において川の存在は時間の観念と直接結びつけられており、旱魃により川が干上がった世界は、川=時間によって支えられてきたさまざまな基準を人間の世界が失った状態だということになる。
 主人公が当初ハウスボートに住んでいて、旱魃以降ハウスボートにあまり帰らなくなるという描写からも、破滅がはじまる前の主人公と世界との関係性をあらわしているだろう。これはダニエル・ストラックが『近代文学の橋 風景描写における隠喩的解釈の可能性』で宮本輝の『泥の河』から水上生活者の世界の中での存在の不安定さを読み取ったところに、とりあえず対応させて読むことができる。だから逆説的ながら世界の変異後にむしろ世界との関係性の再構築の可能性があったとすら。しかしながら、そのような試みは失敗を続けることになるが。

 この作品ではシュールレアリストの画家であるイヴ・タンギーの絵画”jour de lenteur”(緩慢な日)が言及され、最終章の題にも採られているが、バラードの作品は一度頭の中で絵画に変換するとすんなりと頭に入るところがある。
 それにしても、世界の変容と諸個人の関係性は本作においては混じり合いながらも被膜一枚でなお外世界と内世界に弁別できるところがあるのだが、この後の『結晶世界』においては普通ならアナロジーにとどめる現象をそのまま物質的な水準で描くという力業を示して、こんなものを書いてしまったのではもはや「破滅もの」の続きを書くという気にはたしかになるまいと思わざるを得ない。方法論をすさまじい勢いで高めて明確なゴールにたどり着く過程について『沈んだ世界』や『結晶世界』を再読しあらためて考えてみたくなった。
タグ:バラード
web拍手 by FC2
posted by すける at 20:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

『いちばんここに似合う人』ミランダ・ジュライ

 キノベス一位にTwitter文学賞獲得した短編集、どちらかというとわたしの読書範囲のメインストリームではなくアンテナには届いてこないタイプの小説だけど面白かった。

いちばんここに似合う人 (新潮クレスト・ブックス)
いちばんここに似合う人 (新潮クレスト・ブックス)

 ミランダ・ジュライの幼少期は、岸本佐知子氏の訳者あとがきによると、ニューエイジ系の出版社を営む両親の周囲に「かなり境界例っぽい大人たち」の出入りする環境だったというが、作品にもそうした雰囲気は影響しており、そうした社会人にはなりきれない人物たちが、それでもなにかしら社会の周縁部のそれなりに組織化されたグループに関わりながら人生を送っている姿を見られることは非常に楽しかった。
 一般的な人生のルートからは外れているが、しかしだからといって極端に劇的な人生を送るというわけでもなく、案外凡庸な悩みを解消できぬまま人とつながってみたり、やがて急激にあるいは緩やかにそうしたつながりもほどかれていくことを確認していくことになる。
「あなたは? かけ直したい?/もしきみがそうしてほしいのなら/でももし私がそうしてほしくないなら、電話しなくてもかまわないということ?」というあたりの会話のどうしようもなさの普遍性には頭を抱えたくなる人も多いだろう。

 個人的には「その人」「十の本当のこと」「水泳チーム」を推したい。
web拍手 by FC2
posted by すける at 02:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

『センター18』 ウィリアム・ピーター・ブラッティ

 ついにブラッティ〈信仰の神秘〉三部作の第二作'The Ninth Configuration’の邦訳が刊行。『エクソシスト』と『エクソシスト3』の原作である'Legion’に比べると、紹介されている限りでは題材が地味に思われたため翻訳は難しいのではないかと思っていただけに嬉しい誤算だった。

センター18
センター18

 読む前の予想では『エクソシスト』を補完するか、逆に一部『エクソシスト』をひっくり返す議論になっているのではないかと思っていたのだけれど、超自然的な現象は表面上では起こっていないにしても、これはやはり『エクソシスト』とテーマを補い合う作品だった。
 『エクソシスト』が信仰と人文科学的な懐疑主義とのあいだの緊張を描いていたとするならば、『センター18』が向かい合っているのはエントロピーやビッグバンを基にした宇宙論とアポロが月に降り立つ状況だ。これは『エクソシスト』のホームパーティの場面で、招待されたアポロ計画の宇宙飛行士に悪魔に憑かれた少女リーガンが「宇宙に行けば死ぬぞ」という悪態をつく場面から直接落ちてきている。センター18に収容されている元宇宙飛行士のカットショーは、終盤に月で一人きりで死ぬことになったならばという孤独への恐怖を打ち明ける。そのことへの答もまた本書を『エクソシスト』と貫くものになっているのだ。

『エクソシスト』でも本書でも(自己)犠牲には非常に大きな意味が与えられており、途中までの議論の筋道にはおおむね賛同できるとして、最後の飛躍は無神論者には承服しかねるところもあるのだけれど、まさにそれゆえにわたしにとってブラッティは強い緊張感を感じることができる作家になっている。ここまで来たからには是非'Legion’も訳してほしいものだ。

最後に本書を原作とした映画『トゥインクル・トゥインクル・キラー・カーン』への伊藤計劃氏のブログの記事へリンクを張っておこう(http://d.hatena.ne.jp/Projectitoh/20051118/p2)。本書のオリジナルとなった作品に'Twinkle, Twinkle, "Killer" Kane'があり、それを改稿したものが本書'The Ninth Configuration’、このタイトルで映画化もされたのだが'Twinkle, Twinkle, "Killer" Kane'名義で公開されたこともあるようで邦題ではこちらが生き残った上で、ややミスリードを狙ったかのように固有名詞が本来のケインではなくカーンになっている。今となってはちょっとどうかと思うけれど。なお、現在アマゾンで見られる本国版のジャケットは、作品本来のテーマを直接反映したようなものになっているので一見の価値があるだろう。

The Ninth Configuration

トゥインクル・トゥインクル・キラー・カーン [DVD]
トゥインクル・トゥインクル・キラー・カーン [DVD]

エクソシスト (創元推理文庫)
エクソシスト (創元推理文庫)
タグ:ブラッティ
web拍手 by FC2
posted by すける at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする